車内熱中症に注意! 子どもを残したままの「キー閉じ込み」1ヶ月で246件も発生!

車内に子どもを残したままの「キー閉じ込み」は、2018年8月の1ヶ月間で246件も発生していたことが、JAFの調べによってわかりました。車内に子どもを残したままクルマを離れることは、「キー閉じ込み」のトラブルとならなくても、熱中症を引き起こす事故になりかねません。

夏の車内に子どもを残すのは熱中症の危険あり!

 JAFは、2018年8月の1ヶ月間に出動した「子どもを車内に残したままのキー閉じこみ」の件数を公表しました。

乳幼児や小さな子どもは体温調節機能が未発達のため注意が必要です。
乳幼児や小さな子どもは体温調節機能が未発達のため注意が必要です。

 2018年8月1日から8月31日の1ヶ月間、JAFが出動した「キー閉じこみ」の救援のうち、子どもが車内に残されたままのケースは全国で246件ありました。

 このうち、緊急性が高いと判断し、通常の開錠作業ではなくドアガラスを割るなどしたケースが8件にも登ります。

 現場での聞き取り調査によると、その原因は「子どもが誤ってロック操作した」というものが多く「子どもをあやすためにリモコンキーを持たせていたら、ロックボタンを押してしまった」というものもありました。

 JAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内の熱中症指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルまでに達したといいます。

 また、クルマを日陰に駐車していたとしてもその車内温度の差はわずか約7℃で、駐車場所に関わらず外気温が高温である場合は注意が必要です。

 これらのトラブルについて、JAFは次のように注意喚起しています。

「子どもだけではなく、高齢者は加齢に伴い体温調節機能が低下するため注意が必要なほか、ペットなども車内に残してクルマを離れることは、決してしないよう注意してください。行楽シーズンなど、クルマを使用する機会が増える夏休み時期にあわせて、車内での熱中症事故予防については今後も注意を呼びかけていきます」

※ ※ ※

 高齢者と同様に、乳幼児も体温調節機能が未発達のため注意が必要です。「少しの時間だから」「寝ているから」という理由で、車内に子どもを残したままクルマを離れることは、「キー閉じ込み」のトラブルではなくても、熱中症を引き起こす事故になりかねません。

夏の車内で熱中症の危険? 気をつけるポイントを画像でチェック!

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事

コメント