新型マツダ3は誰もが振り向く美しさ! 走る姿を動画でチェック!

マツダの新世代モデル「マツダ3」。圧倒的な美しいデザインで見る人を魅了していますが、走る姿はどんなものなのでしょうか。

「マツダ3」とは「誰もが羨望するクルマ」

 マツダは、2019年5月24日に「アクセラ」から車名を変更した「マツダ3」を発表・発売。4種類のパワートレインを用意するマツダ3は、3段階の販売日を設けています。

 5月24日時点では、1.5リッターガソリン車と1.8リッターディーゼル車を発売。その後、2リッターガソリン車が7月18日に発売されました。

 そして、注目のスカイアクティブXを搭載したモデルは、7月16日予約受注を開始し、同年10月に発売を予定しています。今回は、1.8リッターディーゼル車と発売したばかりの2リッターガソリン車の試乗模様を動画で紹介します。

誰もが振り向く美しいクルマ、新型「マツダ3」を1分動画でチェック!

 新型マツダ3の開発テーマは「誰もが羨望するクルマ」。動画を見てもわかるとおり、繊細な光彩を放つボディは街中でも目立ちそうです。

 特徴的なのは、ハッチバックモデルの重厚なリアデザイン。最近のクルマのリアデザインは、後ろにいくほどすぼまる造形が多いなかで、マツダ3の大きなリアデザインは印象的といえます。

 マツダ3は、これまでに日本市場でアクセラという車名で販売されてきましたが、今回のフルモデルチェンジを機に、海外での販売名「マツダ3」に統一されました。

 新しいプラットフォームが導入されるなど、マツダ新世代のクルマ第一弾となるモデルで、マツダ車はデザインやメカニズムが新しい世代に入り、第二弾としてマツダ3ベースのSUV「CX-30」がすでに海外ショーで発表されています。

 今回、フルモデルチェンジしたマツダ3は、先代にあたるアクセラと同様に、ハッチバックとセダンの2タイプを設定。

 また、安全面には先進安全技術「i-ACTIVSENSE」として、クルーズコントロール、レーンキープアシスト、ブレーキサポート、誤発進抑制制御などを搭載。また、24時間ナビゲーターが対応するコネクトサービス「マツダコネクト」も用意されています。

走る姿も美しい!新型マツダ3

 マツダ3開発主査の別府耕太氏は、次のように話します。

「目指したのは一目惚れさせるクルマです。顧客インタビューで『好きでCセグメントのクルマに乗る人なんかいない。余裕があったらプレミアムカーかSUVを選ぶ』というような意見を聞き、マツダ3を妥協で選ばれるクルマにしてはいけないと思いました。

 クルマって、すごい楽しくって、行動範囲も広がるし、自分自身の考え方とかにも影響を及ぼすものではないかなと思います。だからこそ、クルマとの最初の出会いをもっと素敵なものにしてあげたいという思いが、『誰もが羨望するクルマ』というコンセプトに結びつきました」

※ ※ ※

 マツダ3の主なライバルとなるクルマは、国産車ではトヨタ「カローラスポーツ」、ホンダ「シビック」、スバル「インプレッサ」。輸入車では、フォルクスワーゲン「ゴルフ」やメルセデス・ベンツ「Aクラス」と多種多彩。

 そのなかで、マツダ3が埋もれずに個性を発揮できるかは、マツダ新世代の中核技術になる次世代エンジン「SKYACTIV-X」にかかっているのかもしれません。

美しすぎる!新型マツダ3を画像でチェック!(26枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント