爆売れジムニーが経済を活性化!? クロカン四駆パーツ市場に新たな動きが

2018年7月に発売されたスズキ「ジムニー」の売れ行きが好調です。それによってカスタマイズパーツ市場にも変化が起きているというのですが、いったいどのような状況なのでしょうか。

スズキ「ジムニー」のヒットで何が起きたのか!?

 相変わらず納車まで長い期間がかかるという、大ヒットモデルとなったスズキ「ジムニー」。これにより日本では「クロスカントリー4WD」や「オフロード四駆」と呼ばれるクルマが復権しています。

 そんななか、クロスカントリー4WD向けのカスタマイズパーツ市場にも変化が生じているといいます。ジムニーの人気によって、カスタム業界には何が起きているのでしょうか。

RVパーク内の四駆ショップ「梯子車体」によるトヨタエンブレム付き「ジムニー」カスタム
RVパーク内の四駆ショップ「梯子車体」によるトヨタエンブレム付き「ジムニー」カスタム

 SUVのカスタマイズパーツの市場において、以前は都会的な雰囲気を持つ乗用車系のSUVに人気が集中していたたため、エアロパーツやアルミホイールといった、オフロード四駆以外にも装着される商品に人気が集まっていました。

 ところが、2018年のジムニーをはじめ、メルセデス・ベンツ「Gクラス」やジープ「ラングラー」が立て続けにフルモデルチェンジを果たしたことで、状況が変わったといいます。

 おもにクロスカントリー4WD向け用品を取り扱う某パーツメーカーの社長は、次のようにコメントします。

「1980年代から1990年代の『四駆ブーム』以降も、ジムニーだけは特別な存在でした。数は多くありませんが根強いファンがいて、昔ながらの手法のチューニングが20年以上受け継がれていたのです。

 ところが、2018年7月に新型ジムニーが登場して以降、これまで四駆と縁の薄かったユーザー層が市場に来たことで、『このスタイルは新しい!』ということになり、市場が活性化されています」

 ※ ※ ※

 2019年7月5日から7月7日の3日間、群馬県・高崎市で「群馬パーツショー2019」が開催されました。これは毎年おこなわれている群馬県内最大級のカスタマイズのイベントで、高崎市内でオフロードコースを持つトヨタ系販売店「群馬トヨタRVパーク(以下、RVパーク)」が事務局を務めています。

 イベントには群馬県内外から75社のパーツメーカーや販売店が、オリジナルパーツや個性的なデモカーを出展。ユーザーは、会場で直接パーツなどを買うことができます。

 RVパークはあくまでもトヨタ系の販売店のため、基本的には「ランドクルーザー」やピックアップトラックの「ハイラックス」のデモカーが多かったのですが、そうした出展車のなかでもひときわ目立っていたのが、ジムニーです。

 東京オートサロンでも人気を博した、RVパーク内の四駆ショップ「梯子車体」が製作したトヨタエンブレム付きのジムニーも展示されました。

 RVパークの関係者は、次のようにいいます。

「今の四駆系カスタマイズパーツの市場をけん引しているのは、間違いなくジムニーです。弊社はトヨタ系の販売店ですが、『トヨタからもこういうクルマを発売してほしい』という願いもあって、ジムニー関連のメーカーさんやショップさんに出展していただきました」

 その一方、群馬県内でSUV用カスタマイズパーツを製造するメーカーの社長は、次のようにコメントします。

「ファッションでも流行は15年周期で巡るなどといいますが、近年のクロスカントリー4WDの人気により、再び昔のスタイルが注目されています。

 安全面の基準によって一度は廃れたパーツもありますが、昨今は素材や形状などが変わり、コンプライアンス的にも問題がなくなりました」

 具体的なパーツとしては、フロントバンパーガードやランプステー、リアラダー、ルーフラック、大径丸形フォグランプなどです。

 これらにサイズアップしたアルミホイールとオフロード系タイヤ、リフトアップサスペンションを加えれば、かつての四駆ブームを経験した人にとって懐かしいスタイルが完成です。

これはゴツすぎ! ジムニーのカスタムカーを見る(24枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント