• くるまのニュース
  • ライフ
  • 特殊なシフトレバーが原因? なぜ加害車両は「プリウス」が多いのか いま見直されるMT車も防止策に

特殊なシフトレバーが原因? なぜ加害車両は「プリウス」が多いのか いま見直されるMT車も防止策に

昨今は、高齢ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えることによる暴走事故が問題となっています。なかでもトヨタ「プリウス」が関係する事故が目立ちますが、プリウスは危険なクルマなのでしょうか。

トヨタ「プリウス」は危険なクルマなのか?

 最近は、トヨタ「プリウス」が関係した交通事故が多いです。痛ましい交通事故の加害車両を見ると、確かにプリウスになっていることがあり、そのためにプリウスの安全性が疑われるのでしょう。

 SNS上でもプリウスの事故原因を追及するような投稿が見受けられますが、なぜプリウスは危険といわれるのでしょうか。

現行モデルのトヨタ「プリウス」(4代目)

 プリウスを疑いの視線で見ると、ほかの車種とは違う操作上の特徴として、シフトレバーが挙げられます。インパネに装着された小さなレバーですが、常に中立の位置にあるため、どこのレンジに入っているのか分かりにくいです。

 同じトヨタのハイブリッド車の「アクア」は、前後方向にジグザグに動かす一般的なシフトレバーを前席中央の床に装着しています。これに比べると、プリウスのシフトレバーは使い勝手が分かりにくく、誤操作を招きそうな印象も受けます。

 ただしこのシフトレバーは、最近になって採用を開始したわけではなく、2003年に発売された2代目プリウスから装着されています。また日産「ノートe-POWER」や「リーフ」には、丸い形状のシフトレバーが装着され、これもレバーは常に中立の位置そのままです。

 クルマのデザインにはさまざまな可能性があるため、否定的な見方をするときは慎重になる必要がありますが、基本的な運転操作に違和感が生じるのは好ましくないです。

 プリウスやノートe-POWERなどのシフトレバーは、今後検討が必要な機能ではあるでしょう。それでもプリウスの交通事故原因に直結するものではないと考えられます。

 では、プリウスが交通事故の加害車両として目立つのは、どのような理由があるのでしょうか。

 2009年から2015年に販売された3代目プリウスは、登録台数が多いです。約6年間に日本国内だけで112万台を登録しました。4代目にフルモデルチェンジされる直前まで含めて、1か月平均で1万6000台を販売しており、現行の4代目プリウス、アクアや2018年に小型/普通車の国内販売1位とされるノートと比べても圧倒的に多い台数です。発売直後には1か月に国内だけで約3万台を登録していました。

 好調に売れた背景には、3代目プリウスが動力性能や燃費を大幅に向上させ、なおかつ、当時のライバルとされたホンダ「インサイト」に対抗する目的もあって、価格を割安に抑えたことがあります。

 また、販売系列も新たにトヨタカローラ店とネッツトヨタ店を加えて全国の約4900店舗で扱われるようになり、売れ行きを急増させました。

 プリウスを初代モデルから扱ってきたトヨタ店によると「3代目プリウスは物凄い人気でした。発売直後には、納期が最長で約10か月まで伸びています。工場はフル生産でしたが、それでも追い付かない状態でした。お客様も幅広く、法人から高齢の方までおられました」と振り返ります。

 子育て世代のユーザーには、ミニバンや背の高い軽自動車が人気です。子供が成長するとSUVに移行するユーザーも増えました。

 その一方で、高齢者は購入するクルマに悩んでいます。若い頃から慣れ親しんだセダンは車種数を減らし、設計も全般的に古くなっています。

 トヨタ車であれば、ミドルサイズセダンの「プレミオ」「アリオン」は2007年の発売です。以前から設計の古さが感じられ、魅力を欠いていました。「マークX」の登場も2009年で、2019年末には生産を終えることが決まっています。

 そうなるとミニバンやSUVが好みに合わない高齢のユーザーが、落ち着いた雰囲気の車種を求めた場合、プリウスが有力候補として浮上します。ベストセラーカーだから安心感も高いでしょう。

 先のトヨタ店によると「高齢のお客様を含めて、一度はハイブリッド車に乗ってみたいと思っている方は意外に多いです。ただし新しいメカニズムなので、不安もあります。その点でプリウスは人気車ですから、お客様の背中を押す効果が高いです。

 街中で頻繁に見かけられ、親戚や知人も買われたとすれば、ご自分も購入に踏み切れます。このような波及効果もあり、3代目プリウスは、新しいメカニズムが苦手だと感じているお客様にも買っていただきました」とコメントしています。

プリウスのシフトレバーは超コンパクト!アクアやノートのレバーはどうなってる?(画像28枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

普通自動車第二種免許所持者。K.YОSIDA にコメントする コメントをキャンセル

27件のコメント

  1. MT車に乗りなれた方は高齢でも運転に精通している方が多いので踏み間違い等は起こしにくいのは事実だと思いますが、MT車でも踏み間違えたら暴走することは十分あり得ます。エンストする保障などどこにもありません。素人の芸人さんが言ったことでいかにも有効な手段と思われているようですが、本当に不慣れな高齢者を無理やりMT車に乗せたらその方が危険率は高まると思いますよ。

    • >MT車でも踏み間違えたら暴走することは十分あり得ます。

      MT車が発進する場合、左足でクラッチをゆっくりと繋ぎながら、右足でゆっくりアクセルを踏み込まないとうごきません。まず、MT車でアクセルとブレーキの踏み間違えによる誤発進はあり得ません。

      >本当に不慣れな高齢者を無理やりMT車に乗せたらその方が危険率は高まると思いますよ。

      残念ながら、運転に不慣れな高齢者はMT車は運転できないでしょう。自動車を運転できない場合、運転不適格者なので免許証返納すべきでしょう。

  2. 私はMT車に戻ることには疑問符を付ける。折角、ギアチェンジの煩わしさから解放されたのに今更の感は拭えない。それより、そのぶんハンドル操作に集中出来るメリットの方が大きい。MT車だって踏み間違えは、起こり得るのです。それより、私が常々、提唱している左足ブレーキを薦めます。最近のうちは、所謂カックンブレーキになるが、小一時間も練習すれば慣れる。脳と足に右足はアクセル、左足はブレーキと染み込ませれば、咄嗟の時でも、自然に左足が動くようになるものです。

    • 私も左足ブレーキに賛成です。私も左足ブレーキにして40年になりますが、無事故です。速く反応できるので、人の飛び出しに素早く反応できた経験があります。アメリカは左足ブレーキの人が多いと聞きました。日本よりオートマの歴史の長いアメリカで踏み間違いの事故がどのくらいあるのか調べたほうがいいと思います。アメリカは教習所に通わず、自分で練習するのでやりやすい方法になるのだと思いますが、日本はむしろ教官にマニュアル車と同じ足裁きを習ってしまうのがむしろネックになっているのだと思います。慣れれば左足ブレーキは全然難しくありません。自動車の方も左足ブレーキがしやすいように設計すればもっと事故は減ると思います。

  3. 特殊なシフトレバーが原因かどうかについては全くないとは言い切れないと思います。日本車はJIS規定をベースに手操作装置が配置されてます。中身は「ステアリングの中心から500mm以内に配置と」ざっくりしたものです。「走る」「止まる」車を運転する上で一番重要な部分がこのような規定がベースになっていることは問題視しなければならないでしょう。また、年齢に関係なく運転者の認知能力が低下している場合、車の運転は絶対に止めるべきではないでしょうか。事故防止装置が普及しても事故率は下がるでしょうがなくなるわけではありません。痛ましい事故を減らす為には運転者の決断だと思います。

  4. ペダル踏み間違いとシフトは関係ないと思うけど
    意味不明

    • 私の話。プリウスではないが、同様のシフト配置のホンダ車に乗っている。Dは右に寄せて引き、Rは、やはり右に寄せてから押す。この右に寄せて引くDの動きが、何と20年近く前に乗っていたMT車のRの動きを身体が思い出してしまい、バックのつもりで無意識のうちに右手前に引く、ということをやってしまうことがある。もちろん実際にはDに入っているので、アクセル踏むと前進することになる。怖い。プリウスに突進事故が多いように見えるのは、これがあるのではないだろうか。

    • MT車のシフトのバックギアは右に寄せて手前に引く。普通のAT車のシフトレバーは直線の動きだが、今のプリウス型のシフトはこの右手前に引く動きがドライブのギアとして設定されています。すると、私の場合、この動きによって、身体が昔長く乗っていたMT車のバックのギアの動きを思い出してしまい、無意識のうちにバックのつもりで、右手前に引いてしまうことがあるのです。ところが実際にはドライブに入っているので、アクセル踏むと前進することになる。これはペダルの踏み間違いというより、プリウス型シフトレバー特有の危険性だと思う。この無意識の身体の動きをしてしまうのは、多分私だけではなく、昔MT車に乗っていた人なら充分ありうるのではないか。

  5. メーカーはMT車との互換を考えて左足ブレーキにしないのだろうが、MT車に乗る人は色々な車の違いに乗るのが面白いから乗っている。
    例え左足ブレーキでもすぐに順応できる。
    万が一クラッチと間違っても止まるだけ、暴走はしない。

  6. MT支持者って今の事しか考えていないんでしょうね
    MTがあるのは純エンジン車だけなのでHVやEVには設定ありません
    かつては、ホンダのCR-ZのIMAのHVではありましたが、絶滅しました
    上にも意見あれますが、AT車では左足ブレーキが最善ですね・・今まで左足ブレーキ使っている方で踏み間違い事故発生していますか? あれこれ意見言う前にデータで示してほしいですね
    ちなみに私は普段からMTもATも運転しており、ATの時は左足ブレーキです。
    ちゃんと体が切り替えて咄嗟の時も間違わないですよ

  7. プリウスは欠陥車です。
    理由は【アクセルを踏み続けた状態でシフトがNからD,NからRに入る】からです。
    ホンダ車のハイブリッドではこの操作は危険なので出来ません。
    もう一度言いますが、ブレーキを踏まずに、N~D,N~Rにポコポコ入るのはトヨタ車だけです。

    • 無知もいいところ
      ホンダは確かにアラームと抑制機構はあるが
      日産リーフはプリウスと同様にNOブレーキ
      でNからDレンジに入ります。

  8. AT車の場合シフトパターンに問題があるのです。一般的な機械の操作はレバーを前にすれば前進、後ろが後退が常識です。なぜ車だけが逆なのでしょう? 人間の感覚の逆のパターンになっていることが大きな問題なのです。私はいつも違和感を覚えます。

  9. MT車の推奨を書いていただいた渡辺様のコメントは全く同感であります。当方も高齢運転者の一人で更新講習間会の席上で教習所教官へ主観ですがAD車の事故が多いのは便利故に「人間の体がマヒしているのではないですか?」と話したら、教官はなだめるような感じでとても残念でした。メーカーさんにはもう一度原点に返って[MT車」の見直しをしてほしいです。

  10. 私はMT乗りですが、いつも思う。
    ATのシフトの配置変えたら?と。
    なんで縦並びでRが真ん中にないといけないのか。そして、Rを素通り出来るのか。

    バックしようと思い、Rに入れたつもりがNだったり、Dだったりと違うところに直ぐ入る。
    そしてそのままアクセル踏んだら「踏み間違い」と言われるんだろうな、と。
    これは踏み間違いでなく「入れ間違い」が問題だと思うんだよね。

    MTがなんで間違いが少ないと言うのは、配置がATと全く違う概念だからだよ。
    ATの配置 MTの配置(5MT)
    P     1 3 5
    N      N
    R     2 4 R
    D
    2(S)
    1(B)

    になってる。
    ATはRとDが前後で一緒の並びにあって、分けられていない。
    MTはNを通して、左前と右後ろで別方向になっている。
    もっとぶっちゃけると、恐ろしい事に、
    ATは50km/hからNに入れると、Rを通ってNに入れられる。
    MTはそんな事をするとそもそも入らないし、無理に入れたギアやクラッチが即壊れる。
    いつもながら、凄い作りだと感心するよね。

    勿論、MTだから絶対間違いがない訳ではないけど、ATの並びには疑問が湧くよね。
    実際代車を借りると大抵ATだから乗るけど、どの車種に乗ってもこの入れ間違い、何度かやる。
    だから、駐車からの発進は冷や汗を滲ませながらアクセルを踏んでる。
    良く皆こんな恐ろしい車に乗ってると、感心するよね。

  11. そもそも A/T免許が 間違いだったと 思います A/T限定免許なんて 日本にしか存在しません 免許のハードルを下げすぎたため 自動車運転があまりにも容易になり 自動車が大量破壊兵器になりかねないという意識が 無いためだと思います。使い方を間違えれば たくさんの尊い命に係わる道具なのに 扱う方は スマホ等 ながら運転とか 適当に扱ったり もっと責任感を持ってほしい 40年前は オバサンもオジサンも パワステも無い ミッション車で 免許所得していたはずです。

  12. ハイブリッド車は、起動時が静か過ぎるのと表示が小さいのではと思います
    先日ハイブリッド車に乗った事がある方もエンジンが掛かって居るか解らずにアクセルをベタ踏みしそうになりました、その時はブレーキ踏んでいたので事なきでしたが
    ladyの表示が小さくて見えない!って
    コマーシャル見たいなことを言ってましたから
    自分ももう少ししたら同じようになるのだろうと、考えさせられました

  13. 操作のフィーリングがシフトレバーの形とかではなく、すべてが同じような単純動作になっているから誤操作が発生すると思う。たとえば単純なボタンを押すなどは操作が容易に思うが同じ動作でほかのことも出来てしまうのには疑問がある。最近のシフトレバーの場合は手前に引くとか押すとかの手の感覚が失われてしまっているし、エンジンをかけるときキーを回すという動作もなく、停止もボタンを押すだけである。また、これらの操作には視点移動をともなうので危険度がます。いかに便利でも操作を同じにしては手が覚えないので誤操作してしまう。アクセルペタルも同じで右足一本では200kmの工程は無理でブレーキペタルを左に伸ばすと左足運転できるし、欧米車の一部だが、ペタル位置が調整できればと思う。また、現在のハイブリッド車はクリープが現象の強弱が大きく勢いよく進むときもあれば全く進まない停止したままの時もあり制御が円滑になされたいないので戸惑うことが多い。

  14. MT車推奨は一つの事故防止に繋がると思う。大して難しくはないが、AT車に比べれば、MT車の運転は複雑。ドライバー自身が、車の運転に限界や面倒さを感じ、自然に免許返納に繋がるかもしれません。また、MT車でも、それ程、苦労せず運転ができるのであれば、運転するスキルを、維持できていると考える事もできます。高齢者へのMT車推奨は、本人の判断材料にはなると思います。

  15. プリウスは欠陥車じゃないけどペダル配置が異常です。足をまっすぐ伸ばしたところにアクセルがあり、踏み間違いは確実に多くなります。トヨタがマスコミに黙るようお触れは出ています。

  16. 確かにMT車でも踏み間違えや、アクセルペダルがマットに引っかかり、減速するつもりが加速するといった事態を引き起こします。私もアクセルペダルがマットに引っかかる経験をしましたが、幸いにも、事故には至りませんでした。理由は、意図しない加速であっても、緩慢な加速であった為、マットを直すなど対処する余裕があったからです。
    AT車の場合、Dレンジであれば、大きくアクセルを踏み込むと、車が「急加速が必要」と判断し、自動にシフトダウンを行います。エンジン出力だけでなく、ギヤも最適なものが選択され、その車の持つ「最大限の加速力」を発揮します。これが、パニックを引き起こすのだと思います。
    MT車の場合、ギヤチェンジは手動で行う為、アクセルを踏み込んだだけでは、例えば、5速から2速へと、シフトダウンしてくれません。急加速に適さない5速のまま、アクセルを踏み込んだところで、ゆったりとした加速です。AT車よりは、パニックを引き起こしにくいと思います。
    AT車でも、ホールドモード機能がある車であれば、常にそれを選択する事で、同じ効果を得られますが、常に最適なギアを考えなければならず、AT車(自動変速車)に乗るメリットが減ります。

  17. プリウス危険説は、他社の記事で根拠が無いことを証明されているのですが、この見出しは無用の混乱を招くと思います。

  18. トヨタのノア(ガソリン)から、エスクワイヤ(ハイブリット)に乗り換えた者です。
    ノア(ガソリン)はジグザク型のシフトパターンで、上からPRND。
    エスクワイヤ(ハイブリット)は、RNDでいつもNにレバーがあるので、
    駐車状態でバックする場合、Rの位置にレバーを移動する方向が反対なので、
    最初はすごく戸惑った。
    今は慣れたけど、逆にガソリン車に乗り換えたら、また戸惑うだろうなあと思う。

  19. プリウスが高齢者の重大交通事故に関連してあたかもプリウスに欠陥があるように取りざたされているようですが当方78歳{プリウス運転歴6年10万㎞}ですが全く問題ありません。池袋、福岡の事故、池袋は日本で3番目ぐらいの大繁華街、福岡も九州一、それをあの高齢者{運転技術未熟}が雑踏の中を運転するのが最初から間違いです。アクセルから足を離すだけで止まります、接触事故で済む。運転とはトッサノ判断が求められます、踏み間違えたら大事故になります。かく言う私はプロの運転手として45年150万㎞以上{地球40周以上の走行歴}が有りますが、東京及び大阪等の繁華街は現役の時でも緊張のしっぱなしでした。独断と偏見ですがオートマ免許、あれは許可証ですよ。免許には値しません。両足を使用して運転しましょう、左足は右足より3倍以上ブレーキは良く効きますよ、シートベルトをして1度テストを。大津の保育園児童死亡事故も、謹んでご冥福をお祈りいたします。

  20. 特殊なシフトレバーへの問題提起、賛成です。国産車に限らず色々なシフトレバーがあるようですが、これはあまり勝手に変えてほしくないですね。レンターカー利用時に慣れるのに一苦労します。また、サイドブレーキも昔ながらの助手席との間の手引きがいいと思います。何故なら運転者に異常を発見した時、100%ではないにしても助手席の人が車を減速したり、止めたりする事ができるからです。

    アクセルとブレーキの踏み違え防止だけでなく、健康上の理由による事故防止も重要な問題と考えます。助手席から操作できる緊急停止ボタン(ハザードランプの上位ボタン)があれば望ましいと思うのですが。

  21. 前進するためにレバーを後方に引く。
    後退するためにレバーを前進させる。
    プリウスの操作、違和感だらけなんですけど。

    戦闘機のスロットルは前進させれば加速、こっちのほうが理にかなってると思うんですど。

  22. 初めて見たけど、これでは 間違いやすいと思うね。
    何処にギアが入っているのか、わかりにくい・・
    事故を誘発しやすいタイプだろうと思う。」