• くるまのニュース
  • ライフ
  • 特殊なシフトレバーが原因? なぜ加害車両は「プリウス」が多いのか いま見直されるMT車も防止策に

特殊なシフトレバーが原因? なぜ加害車両は「プリウス」が多いのか いま見直されるMT車も防止策に

昨今は、高齢ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えることによる暴走事故が問題となっています。なかでもトヨタ「プリウス」が関係する事故が目立ちますが、プリウスは危険なクルマなのでしょうか。

トヨタ「プリウス」は危険なクルマなのか?

 最近は、トヨタ「プリウス」が関係した交通事故が多いです。痛ましい交通事故の加害車両を見ると、確かにプリウスになっていることがあり、そのためにプリウスの安全性が疑われるのでしょう。

 SNS上でもプリウスの事故原因を追及するような投稿が見受けられますが、なぜプリウスは危険といわれるのでしょうか。

現行モデルのトヨタ「プリウス」(4代目)

 プリウスを疑いの視線で見ると、ほかの車種とは違う操作上の特徴として、シフトレバーが挙げられます。インパネに装着された小さなレバーですが、常に中立の位置にあるため、どこのレンジに入っているのか分かりにくいです。

 同じトヨタのハイブリッド車の「アクア」は、前後方向にジグザグに動かす一般的なシフトレバーを前席中央の床に装着しています。これに比べると、プリウスのシフトレバーは使い勝手が分かりにくく、誤操作を招きそうな印象も受けます。

 ただしこのシフトレバーは、最近になって採用を開始したわけではなく、2003年に発売された2代目プリウスから装着されています。また日産「ノートe-POWER」や「リーフ」には、丸い形状のシフトレバーが装着され、これもレバーは常に中立の位置そのままです。

 クルマのデザインにはさまざまな可能性があるため、否定的な見方をするときは慎重になる必要がありますが、基本的な運転操作に違和感が生じるのは好ましくないです。

 プリウスやノートe-POWERなどのシフトレバーは、今後検討が必要な機能ではあるでしょう。それでもプリウスの交通事故原因に直結するものではないと考えられます。

 では、プリウスが交通事故の加害車両として目立つのは、どのような理由があるのでしょうか。

 2009年から2015年に販売された3代目プリウスは、登録台数が多いです。約6年間に日本国内だけで112万台を登録しました。4代目にフルモデルチェンジされる直前まで含めて、1か月平均で1万6000台を販売しており、現行の4代目プリウス、アクアや2018年に小型/普通車の国内販売1位とされるノートと比べても圧倒的に多い台数です。発売直後には1か月に国内だけで約3万台を登録していました。

 好調に売れた背景には、3代目プリウスが動力性能や燃費を大幅に向上させ、なおかつ、当時のライバルとされたホンダ「インサイト」に対抗する目的もあって、価格を割安に抑えたことがあります。

 また、販売系列も新たにトヨタカローラ店とネッツトヨタ店を加えて全国の約4900店舗で扱われるようになり、売れ行きを急増させました。

 プリウスを初代モデルから扱ってきたトヨタ店によると「3代目プリウスは物凄い人気でした。発売直後には、納期が最長で約10か月まで伸びています。工場はフル生産でしたが、それでも追い付かない状態でした。お客様も幅広く、法人から高齢の方までおられました」と振り返ります。

 子育て世代のユーザーには、ミニバンや背の高い軽自動車が人気です。子供が成長するとSUVに移行するユーザーも増えました。

 その一方で、高齢者は購入するクルマに悩んでいます。若い頃から慣れ親しんだセダンは車種数を減らし、設計も全般的に古くなっています。

 トヨタ車であれば、ミドルサイズセダンの「プレミオ」「アリオン」は2007年の発売です。以前から設計の古さが感じられ、魅力を欠いていました。「マークX」の登場も2009年で、2019年末には生産を終えることが決まっています。

 そうなるとミニバンやSUVが好みに合わない高齢のユーザーが、落ち着いた雰囲気の車種を求めた場合、プリウスが有力候補として浮上します。ベストセラーカーだから安心感も高いでしょう。

 先のトヨタ店によると「高齢のお客様を含めて、一度はハイブリッド車に乗ってみたいと思っている方は意外に多いです。ただし新しいメカニズムなので、不安もあります。その点でプリウスは人気車ですから、お客様の背中を押す効果が高いです。

 街中で頻繁に見かけられ、親戚や知人も買われたとすれば、ご自分も購入に踏み切れます。このような波及効果もあり、3代目プリウスは、新しいメカニズムが苦手だと感じているお客様にも買っていただきました」とコメントしています。

プリウスのシフトレバーは超コンパクト!アクアやノートのレバーはどうなってる?(画像28枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. MT車に乗りなれた方は高齢でも運転に精通している方が多いので踏み間違い等は起こしにくいのは事実だと思いますが、MT車でも踏み間違えたら暴走することは十分あり得ます。エンストする保障などどこにもありません。素人の芸人さんが言ったことでいかにも有効な手段と思われているようですが、本当に不慣れな高齢者を無理やりMT車に乗せたらその方が危険率は高まると思いますよ。

  2. 私はMT車に戻ることには疑問符を付ける。折角、ギアチェンジの煩わしさから解放されたのに今更の感は拭えない。それより、そのぶんハンドル操作に集中出来るメリットの方が大きい。MT車だって踏み間違えは、起こり得るのです。それより、私が常々、提唱している左足ブレーキを薦めます。最近のうちは、所謂カックンブレーキになるが、小一時間も練習すれば慣れる。脳と足に右足はアクセル、左足はブレーキと染み込ませれば、咄嗟の時でも、自然に左足が動くようになるものです。

    • 私も左足ブレーキに賛成です。私も左足ブレーキにして40年になりますが、無事故です。速く反応できるので、人の飛び出しに素早く反応できた経験があります。アメリカは左足ブレーキの人が多いと聞きました。日本よりオートマの歴史の長いアメリカで踏み間違いの事故がどのくらいあるのか調べたほうがいいと思います。アメリカは教習所に通わず、自分で練習するのでやりやすい方法になるのだと思いますが、日本はむしろ教官にマニュアル車と同じ足裁きを習ってしまうのがむしろネックになっているのだと思います。慣れれば左足ブレーキは全然難しくありません。自動車の方も左足ブレーキがしやすいように設計すればもっと事故は減ると思います。

  3. 特殊なシフトレバーが原因かどうかについては全くないとは言い切れないと思います。日本車はJIS規定をベースに手操作装置が配置されてます。中身は「ステアリングの中心から500mm以内に配置と」ざっくりしたものです。「走る」「止まる」車を運転する上で一番重要な部分がこのような規定がベースになっていることは問題視しなければならないでしょう。また、年齢に関係なく運転者の認知能力が低下している場合、車の運転は絶対に止めるべきではないでしょうか。事故防止装置が普及しても事故率は下がるでしょうがなくなるわけではありません。痛ましい事故を減らす為には運転者の決断だと思います。

  4. ペダル踏み間違いとシフトは関係ないと思うけど
    意味不明

  5. メーカーはMT車との互換を考えて左足ブレーキにしないのだろうが、MT車に乗る人は色々な車の違いに乗るのが面白いから乗っている。
    例え左足ブレーキでもすぐに順応できる。
    万が一クラッチと間違っても止まるだけ、暴走はしない。

  6. MT支持者って今の事しか考えていないんでしょうね
    MTがあるのは純エンジン車だけなのでHVやEVには設定ありません
    かつては、ホンダのCR-ZのIMAのHVではありましたが、絶滅しました
    上にも意見あれますが、AT車では左足ブレーキが最善ですね・・今まで左足ブレーキ使っている方で踏み間違い事故発生していますか? あれこれ意見言う前にデータで示してほしいですね
    ちなみに私は普段からMTもATも運転しており、ATの時は左足ブレーキです。
    ちゃんと体が切り替えて咄嗟の時も間違わないですよ