安心安全なSUVトップ5 「衝突安全性能」ランキング-SUV編

日本自動車アセスメントでは、衝突安全性能を数値化して公表しています。そのなかで従来型も含め、SUVで優秀な5車種を紹介。数年前のクルマでも、意外に高得点を得ているクルマもあるので要チェックです。

「安全」なSUV、TOP5は?

 市販車の安全性能評価試験を行う日本自動車アセスメント(以下JNCAP)は、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境づくりと、安全なクルマの普及を目的とした組織です。そして、その試験結果は1995年度から、「自動車アセスメント」として公表されています。

JNCAPでSUV第1位に輝いたマツダ CX-8

 日本国内の市販車は、すべて国が定めた道路運送車両の保安基準に適合しています。

 しかし、衝突時に被害を軽減するための性能や事故を回避するためのブレーキ性能は、メーカーや車種によって異なることから、国土交通省とJNCAPは安全性能を比較するための「乗員保護性能評価」、「歩行者保護性能評価」、「シートベルトリマインダー(装着を促す警告)評価」試験を行い、その結果を公表することで、自動車ユーザーが安全な車選びをしやすい環境を整え、各自動車メーカーの安全なクルマ開発を促進しています。

 そこで最新の公表結果から、現在人気のSUVカテゴリーで「衝突安全性能アセスメント」ランキング上位5車種(平成24年度から平成29年度に試験が実施された車種)をご紹介します。

 なお、結果は従来型も含めた数値となっており、2016年度より歩行者保護性能評価の試験方法および評価方法が変更されたため、2016年度からの評価結果(評価車種)は、2011年度から2015年度までの評価と同等となるよう、補正係数が掛けられています。

●1位 マツダ「CX-8 XD PROACTIVE」 新安全性能総合評価:193.9点

マツダ CX-8

 SUVの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価:193.9点の高得点で1位に輝いたのは、2017年のマツダ「CX-8 XD PROACTIVE」でした。

 3列シート設定のマツダの新しいSUVとして登場したCX-8は安全性や運転する楽しさを優先した、ミニバンに代わるモデルとして人気です。

 「CX-8 XD PROACTIVE」の各評価項目の得点は、乗員保護性能:96.67 点、歩行者保護性能:90.23 点、乗員がシートベルトをしてないときの警報装置の評価であるPSBRは8点満点中の4.0 点となっていて、これらの合計が193.9点とトップとなります。

 また、歩行者をはねてしまった時、歩行者の頭部が自動車のボンネットおよびフロントウィンドウなどに衝突した場合の「歩行者保護性能」の評価項目では、歩行者頭部保護性能がレベル5の3.51点、歩行者脚部保護性能が最高レベルの5で4.00点でした。

 この結果から、歩行者の頭や脚について定められた試験条件では、重大な傷害を受ける危険性が低いといえそうです。

 さらに安全装置装備状況はABS、エアバッグ左右、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーはすべて装備。

 なお、シートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては、後部座席中央にはいずれも装備していません。

●2位 マツダ「CX-3 XD Touring」 新安全性能総合評価:188.2点

マツダ CX-3

 SUVの衝突安全性能アセスメントで新安全性能総合評価:188.2点と、2位につけているのが2015年式のマツダ「CX-3 XD Touring」です。

 CX-3はマツダのプレミアムコンパクトSUVで、デザインテーマである「魂動(こどう)」を採用したマツダの新世代モデルとして高い人気を誇っています。

 CX-3 XD Touringの得点は、乗員保護性能:92.64点、歩行者保護性能:91.62点、PSBR:4.0点の評価で、歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能は最高レベルであるレベル5の3.61点。また、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点でした。

 安全装置装備状況はABS、エアバッグ左右、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーはすべて装備。

 シートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについて、後部座席中央にはどちらも装備していません。

●3位 マツダ「CX-5 XD PROACTIVE」 新安全性能総合評価:188.2点

マツダ CX-5

 新安全性能総合評価:187.3点で、SUVの衝突安全性能アセスメントで3位に輝いたのは、2017年式マツダ「CX-5 XD」でした。

 運転者だけでなく同乗者も含めたすべての乗員を笑顔にするSUVをキーワードに進化してきたCX-5 は、マツダのグローバル販売を牽引してきたモデルです。

 CX-5の得点は乗員保護性能:95.45点、歩行者保護性能:81.12点、PSBR:4.0点の評価で、歩行者頭部保護性能はレベル4の3.06点、歩行者脚部保護性能は最高レベル5の3.98点と評価されています。

 安全装置装備状況は、ABS、エアバッグ左右、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、シートベルト・フォース(ロード)リミッターは後部座席中央には装備せず、後席のシートベルト・プリテンショナーとシートベルトリマインダーも装備していません。

「衝突安全性能アセスメント」ランキングSUVトップ 5を画像でチェック( 9枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント