ホンダ新型「フィット」が新ハイブリッドを搭載し2019年秋に公開

ホンダは、同社を代表するコンパクトカー「フィット」の新型モデルを、2019年秋の東京モーターショーで公開すると発表しました。搭載されるハイブリッドシステムは、新たに開発されるシステムのようですが、どのようなものなのでしょうか。

ホンダの大ベストセラー車が待望のモデルチェンジ

 ホンダは、2019年の秋に開催される東京モーターショーで、コンパクトカー「フィット」の新型モデルを公開すると発表しました。この新型フィットのハイブリッドモデルには、新たに開発される小型の「i-MMD」ハイブリッドシステムが搭載されます。

2019年秋に新型モデルが公開されるフィット ※写真は現行型

 ホンダは、2030年に全世界で販売される4輪車販売台数の3分の2を、モーター駆動を含む「電動車」にするという目標を掲げています。またハイブリッド車の拡充を中心に行うことで、この目標の達成を目指していくことも明らかにしています。

 事業方針説明会見で、ホンダの八郷隆弘社長は次のようにコメントしています。

「今後は、2モーターハイブリッドシステムの『i-MMD』を、ホンダのモデルラインアップ全体に拡げていきます。現在、中・大型モデルに対応しているi-MMDに、新たに小型車向けのシステムを開発しました。

 この小型i-MMDは、2019年秋の東京モーターショーで世界初公開予定の新型フィットから採用します。採用モデルのラインアップ拡大に加え、グローバルでの展開を行うことにより、i-MMDのシステムコストは2022年までに、2018年に比べて25%の削減を見込んでいます」

 ※ ※ ※

 現行型フィットに搭載されているハイブリッドシステムは、1モータータイプの「i-DCD」ですが、新たに搭載されるi-MMDは、2モータータイプのシステムです。すでに同社のミニバン「オデッセイ」や、セダンの「アコード」、SUVの「CR-V」など、幅広い車種に搭載されている実績があります。

【了】

小型車への搭載は初! ハイブリッドシステム「i-MMD」を写真で見る(5枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この車種の販売における商標登録権については自己のイニシャルFとIが使用されているがそれをHONDAが
    使用しているもの。2010年頃よりの売上増加は事前に予定していたものであり社長・役員などの給料は不正な金銭である。CMなどでも認知できる。主に海外で利益をだし日本円に換金し国内に入っている。元年にFMCをしさらにブランド力を強化し販売を予定している。