なぜバカ売れ? 日本で影薄いセダンが世界最大級の中国市場で人気な理由とは

2018年、中国では新車が2800万台以上も販売されました。前年より2.8%減少したということですが、こんなにたくさんの新車が売れる中国で一番人気のクルマは、どんなクルマでしょうか。

中国の4輪新車販売台数はアメリカを抜いて世界第一位に

 2018年の1年間、中国では2800万台以上の新車が販売されました。2位のアメリカに1000万台以上の差をつけて断トツの1位です。前年より2.8%減少したということですが、こんなにたくさんの新車が売れる中国での一番人気は、実はいまの日本でもなじみのあるクルマでした。

 世界の自動車市場で北米・欧州・日本は重要な市場といわれ続けていますが、近年存在感が大きくなった市場が中国です。

 その中国市場で販売台数が好調な車種は、日産のセダン「シルフィ」です。日本ではやや影の薄いモデルですが、なぜ人気なのでしょうか。

東風日産「シルフィ」

 2019年4月に上海モーターショーでフルモデルチェンジを行ったシルフィ。中国市場で人気が高いだけではなく、世界的にも販売好調なセダンです。

 シルフィが中国市場で支持される理由について現地で取材したところ、「後部座席が広い」「装備が充実していて高級感もあるのに値段が安い」「日本のブランドゆえ信頼できる」という声が多数寄せられました。

 さらに、中国最大級の自動車メディア「汽車之家」の満足度調査によると、1位の広汽トヨタ「レビン」、2位の一汽トヨタ「カローラ」に続いてシルフィは3位で、部門別では室内の広さと快適性が1位、内装が2位となるなど、これらの要素が評価されて、中国では販売が好調となっているのでしょう。

 ●総合満足度の高い乗用車ベスト5
 1位 広汽トヨタ レビン
 2位 一汽トヨタ カローラ
 3位 東風日産 シルフィ
 4位 上海フォルクスワーゲン ラヴィーダ
 5位 一汽フォルクスワーゲン ボーラ

上海フォルクスワーゲン(上汽大衆)「ラヴィーダ」

 中国市場でシルフィのライバル車といわれているのが、上海フォルクスワーゲンの「ラヴィーダ」。このモデルは、シルフィと毎年販売台数の首位争いをしている上海フォルクスワーゲンのセダンです。

 上海フォルクスワーゲンは、中国で非常に人気と信頼のあるブランドです。とくに、上海は上海フォルクスワーゲン(上汽大衆)のおひざ元でもあるため、タクシーなどにも「サンタナ」をはじめとしたフォルクスワーゲン車が多く用いられています。

 ラヴィーダは、同社のハッチバック「ゴルフ」がベースとなっている中国専用車で、姉妹車に「ボーラ」というクルマも存在。中国のユーザーが重視する後席の広さや内装の高級感はもちろん、口コミ評価では外観への評価が1位となっていることから、スタイルの良さも高く評価されているといえます。

中国で人気のクルマとは? 写真でチェック(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント