燃費1位はトヨタ? ホンダ? 国産ステーションワゴン燃費TOP5

クルマを買うときに重視するのは燃費という人も多いですが、「荷物の積載性も重視したい」という方も多いのでは? そこでステーションワゴンタイプでJC08モード燃費の良い国産車の上位5車種をまとめました。

80年代から90年代にブームを巻き起こしたステーションワゴン

 釣りやスキーといったアウトドアレジャーが盛んになり始めた1980年ごろから、普段はセダンと同じような感覚で利用できて、休日にはレジャーに必要なたくさんの荷物を載せて目的地まで行くこともできるステーションワゴンが、各メーカーから次々と登場しました。

ホンダ シャトル

 現在ではSUVやミニバンに押され気味ではあるものの、自分のライフスタイルに合っているというドライバーも多く、今でも複数のメーカーがステーションワゴンをラインナップし続けています。

 燃費改善も進み、中にはハイブリッド仕様が販売されている車種もあることから、低燃費を重視するユーザーにもおすすめといえるボディタイプです。

 そこで2019年3月に国土交通省が発表した「自動車燃費一覧」のデータをもとに、国産ステーションワゴンのJC08モード燃費性能上位5台を紹介します。

●1位(タイ) ホンダ「シャトル ハイブリッド」 JC08モード燃費 34.4km/L

ホンダ シャトル

 2015年に登場したホンダ「シャトル」は、日常はコンパクトカーとして使いながら休日には趣味やレジャーを楽しむ層に人気の1台です。そのシャトルのハイブリッド仕様が燃費ランキング1位となりました。

 ハイブリッド仕様に搭載されているパワートレインは、1.5リッター直列4気筒で最高出力110馬力を発揮する「LEB型」エンジンを「H1型」モーターがアシストするハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されています。JC08モード燃費はグレードによって異なりますが、ベーシックな「HYBRID」のFFが34.4km/Lで、4WDは27.8km/Lです。

 車両本体価格は「HYBRID」のFFが208万80円で、4WDは227万4480円となっています。

 ちなみに、2019年5月10日にマイナーチェンジされる予定です。

●1位タイ トヨタ「カローラフィールダー ハイブリッド」 JC08モード燃費 34.4m/L

トヨタ カローラフィールダー

 トヨタ「カローラフィールダー」のハイブリッド仕様が1位タイにランクインしています。この車種は「カローラ」のツーリングワゴンが前身となるモデルで、2013年に初めてハイブリッド仕様が追加されました。

 ハイブリッド仕様には1.5リッター直列4気筒で最高出力74馬力を発揮する「1NZ-FXE型」エンジンと「1LM型」モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「THS II(Toyota Hybrid System II)」が搭載され、ホンダ「シャトル ハイブリッド」と同じ34.4km/Lの低燃費を実現しています。

 車両本体価格はベーシックな「HYBRID」が222万9120円で、トップグレードの「HYBRID G“W×B”」は253万6920円です。

●3位 トヨタ「プリウスα」 JC08モード燃費 26.2km/L

トヨタ プリウスα

 2011年に登場したトヨタ「プリウスα」は、世界初の量産ハイブリッド専用車である「プリウス」シリーズに2011年から追加されているミニバンです。

 2列シートで5人乗りのステーションワゴンタイプの他に、7名乗車可能な3列シート仕様も用意されています。

 1.8リッター直列4気筒で最高出力99馬力を発揮する「2ZR-FXE型」エンジンに、「5JM型」モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載され、JC08モード燃費は26.2km/Lを実現しました。

 車両本体価格はベーシックな「S“Lセレクション”」の5人乗り仕様が256万5000円で、充実装備のトップグレード「G“ツーリングセレクション”」の5人乗り仕様は325万9440円です。

燃費と積載性を両立! 燃費のよいステーションワゴン一覧はこちら(14枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. アテンザ何でディーゼルじゃないの?
    ハイブリッド車の燃費出てるのに、
    何でガソリンなの?悪意あるの?