2018年の燃費1位はハイブリッド車の元祖「プリウス」 最も燃費良いクルマを国交省が発表

何かと気になるクルマの「燃費」。国土交通省は、2018年12月時点で販売されているクルマの燃費ランキングを公表。どのようなクルマが上位にランクインしたのでしょうか。

普通車のトップはトヨタ「プリウス」

 クルマに乗る上で、何かと気になるのが「燃費」です。国土交通省は、2018年12月時点で国内に販売されている乗用車のうち、最も燃費の良い乗用車はトヨタ「プリウス」、軽自動車ではスズキ「アルト」とマツダ「キャロル」が1位となりました。

トヨタ プリウスの詳細を見る

2018年燃費ナンバーワンのトヨタ「プリウス」

 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表し、燃費の良い乗用車を発表しています。

 普通・小型部門のトップ10は以下の通りです。

【普通・小型自動車部門(JC08モード)】

 1位:トヨタ・プリウス:39.0km/L
 2位:トヨタ・アクア:38.0km/L
 3位:ニッサン・ノート:37.2km/L
 3位:ホンダ・フィット:37.2km/L
 5位:ホンダ・グレイス:34.8km/L
 6位:トヨタ・ヴィッツ:34.4km/L
 6位:トヨタ・カローラ アクシオ:34.4km/L
 6位:トヨタ・カローラ フィールダー:34.4km/L
 6位:ホンダ・シャトル:34.4km/L
 10位:トヨタ・カローラスポーツ:34.2km/L
 10位:ホンダ・インサイト:34.2km/L

 トップ10をみると、同率数値を含む全11車種中6台をトヨタが占め、ホンダ4台、日産1台という結果となりました。

 1位のトヨタ「プリウス」は、以前まで「Eグレード」の40.8km/L(JC08モード)が最高値でしたが、2018年12月のマイナーチェンジにて、39.0km/Lに数値を落としています。

 マイナーチェンジ後の燃費数値について、トヨタ広報部は次のように話します。

「今回の訴求ポイントは安全面です。『トヨタセーフティセンス』を全車標準としたことで、安全性能を高めています。また、燃費については、Eグレードにも安全装備を採用したため重量増となり、数値的には前モデルの40.8km/Lから39.0km/Lと下がっていますが、これも安全性を重視した結果といえます」

燃費良すぎ!ランク上位の車種画像をチェック(8枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 実質的な燃費データが欲しいですね。50万円を超える電池を積んでいたら、燃費がいいのは当たり前。50万円分のガソリンを節約するには、プリウスでどれだけ走ればいいんだろうね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー