BMW新型「Z4」と兄弟「スープラ」の決定的な違いは”屋根” オープンスポーツの魅力とは?

BMW新型「Z4」が日本で発売されました。兄弟車のトヨタ新型「GR スープラ」と新型「Z4」の大きな違いは、クーペかオープンカーかという点です。新型「Z4」のオープンカーとしての魅力を動画で紹介します。

トヨタ「GR スープラ」より一足お先に発売されたBMW新型「Z4」

 トヨタ新型「GR スープラ」の兄弟車であるBMW新型「Z4」が発売されました。トヨタとBMWで共同開発した両モデルですが、新型「GR スープラ」は2シータークーペ、新型「Z4」は2シーターオープンカーという違いがあります。

BMW新型「Z4」を動画でチェック

 デザインもトヨタとBMWでそれぞれが担当しており、新型「Z4」は、BMWの特徴であるフロントのキドニーグリルを縦長のヘッドライトなど、一目でBMWとわかる意匠が取り入れられています。

 新型「Z4」に搭載されるエンジンは3リッター直列6気筒ターボエンジンと2リッター直列4気筒ターボエンジンの2機種で、3リッターターボは340馬力/500Nm、2リッターターボは197馬力/320Nmを発生します。

 3リッターターボと2リッターターボを搭載するのは新型「GR スープラ」も同様ですが、新型「GR スープラ」では、新型「Z4」の2グレードに加えて2リッターターボの258馬力モデルもラインナップされ、3グレード展開となります。

 なお、トランスミッションは、新型「GR スープラ」、新型「Z4」ともに8速ATを搭載しています。

ルーフを開けたBMW新型「Z4」

 新型「Z4」は、先代モデルと比較すると、全長+85mm、全幅+75mm、全高+15mmとボディサイズを拡大しています。また、ホイールベースが25mm短くなるとともに、重心を下げるソフトトップを採用することで、高い俊敏性や操作性を備えたオープンモデルとなりました。

 今回採用されたソフトトップは、低重心のシルエットに調和するコンパクトなデザインとなり、ルーフの開閉状態にかかわらず281リットルのトランク容量を確保しています。

 また、時速50キロ以下であれば走行時でもルーフを開閉することができ、開閉にかかる時間は10秒。気軽にルーフを開けてオープンエアーを楽しむめるのも、新型「Z4」の魅力もひとつといえます。

【了】

オープンスポーツBMW新型「Z4」ってどんなクルマ?画像でチェック(17枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事