BMW「Z4」が約2年ぶりに復活! 価格は566万円からで発売記念モデルも登場

BMW新型「Z4」が2019年3月25日より発売されました。トヨタ新型「スープラ」との共同開発で話題の新型「Z4」ですが、価格は566万円からと、新型「スープラ」より高い値付けがされました。

約2年ぶりに復活したBMW新型「Z4」

 トヨタ新型「スープラ」の兄弟車として話題のBMW新型「Z4」が、2019年3月25日より発売されました。

BMW新型「Z4」

 BMWのロードスターを象徴する存在として約2年ぶりに復活した「Z4」ですが、洗練さと力強さを感じさせるデザインと、新世代のエンジンやサスペンションを備えることで、高い走行性能を実現しました。高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現しています。

 先代モデルと比較して、全長は+85mm、全幅は+75mm、全高は+15mmとボディサイズが拡大され、ホイールベースを25mm短くするとともにより重心を下げるソフトトップを採用することで、高い俊敏性や操作性を備えたオープンモデルとなりました。

なお、今回採用されたソフトトップは、低重心のシルエットに調和するコンパクトなデザインとし、オープン/クローズ時にかかわらず、281リットルのトランク容量を確保しています。

 また、開閉にかかる時間は10秒で、時速50キロ以下であれば走行時でもオープン/クローズすることができます。

 新型「Z4」に搭載されるエンジンは、3リッター直列6気筒M Performanceツインパワーターボエンジン(340馬力/500Nm)と、2リッター直列4気筒ツインパワーターボガソリンエンジン(197馬力/320Nm)の2機種をラインナップしています。

 さらに、AIを活用した最新のBMW Intelligent Personal Assistant (BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント)を搭載し、音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能となり、運転中でも視線をずらすことなく目的地変更などを行うことが可能です。

 新型「Z4」の価格(消費税込)は566万円から835万円です。トヨタ新型「スープラ」が499万円からと言われているので、新型「Z4」の方が高い値付けとなっています。

発売記念の限定車「Z4 M40i フローズングレー」

 新型「Z4」の発売を記念した限定車「Z4 M40i Frozen Grey(フローズングレー)」が設定されました。

 3リッター6気筒ターボエンジンを搭載した「M40i」をベースとした限定車「フローズングレー」は、都会的でモダンな印象のフローズングレーの特別色をボディカラーに採用しました。

 なお、「フローズングレー」の購入者には、ファッションブティック「バーニーズニューヨーク」とコラボレーションした、スペシャルバッグが成約記念としてプレゼントされるということです。

「Z4 M40i フローズングレー」の価格(消費税込)は899万円で30台限定ですが、10台はプレオーダーとなり、BMWオンライン・プラットフォーム「BMWプレ・オーダー(preorder.jp)」にて申込者限定で販売されることになっています。オーダーの受付期間は2019年4月4日から5月10日となります。
 
【了】

約2年ぶりに復活したBMW新型「Z4」の画像を見る(24枚)

画像ギャラリー

最新記事