ウン千万円でも日本はスーパーカーが激売れ!? ランボルギーニ 新型「ウラカンEVO」の狙いとは

ランボルギーニ・ジャパンは2019年3月8日、ランボルギーニで最も売れているウラカンの進化モデル、新型「ウラカンEVO」を発表しました。約3000万円という価格のランボルギーニ新型ウラカンEVOとはいったいどういうモデルなのでしょうか。

多くのユーザーに向けた新型「ウラカンEVO」

 ランボルギーニ・ジャパンは2019年3月8日、ランボルギーニで最も売れているウラカンの進化モデル、新型「ウラカンEVO」を発表しました。価格は2984万3274円(税抜き)で、2019年春から順次デリバリー予定となっています。

2019年春から日本でもデリバリーが開始されるという新型「ウラカンEVO」

 ランボルギーニ新型ウラカンEVOとはいったいどういうモデルなのでしょうか。アウトモビリ・ランボルギーニでウラカンEVOの開発責任者であるヴィットリオ・ミラーノ氏は、「そもそもEVOとはエボリューションの略。ウラカンをさらに進化させたいという思いから名付けました。お客様に色々調査したところ、ウラカンのデザインは非常に好まれていたのです。そこで、外観は極力変えずにパフォーマンスだけを上げるよう、開発の狙いを定めました」と説明します。

 そして、ウラカンペルフォルマンテとの違いについてミラーノ氏は、「エンジンは同じですが、ペルフォルマンテはサーキットなどのスポーツ走行を好む、より限定的なユーザー向けに開発されたクルマです。一方EVOは様々な使用シーンを想定して開発されたクルマですので、サーキットだけでなく、より日常的に使うことができます。従って、幅広いターゲットユーザーを想定しているのです」とコメントしました。

ウラカンEVOの特徴は4つ!

 では、ウラカンEVOの特徴をミラーノ氏に説明してもらいましょう。そのポイントは4つあるといいます。

 まずは、空力性能・デザインです。前述のとおりお客様からの評価が高かったデザインは継承しています。そのうえで、「空力を高めることにフォーカスしたのです。つまり、エクステリアデザインの細部にわたり、空気の流れを調整することによって空力性能を向上させました」といいます。

 ミラーノ氏によると、「前部ではフロントスプリッターを採用することによって空力を高め、同時に冷却も改良しました。またテール部分では、2つの効果を狙ったスポイラーを採用することにより、グランドフォースとエアロダイナミクスを改良しています」と述べます。

 また、アンダーボディも最適化されました。これによってダウンフォースの効果を大幅に向上させ、高速走行時のバランスも改良しています。これらの結果、ダウンフォースは7倍改善し、冷却性能も大幅にアップ。空力バランスも改善しているのです」とのことでした。

 次にエンジンですが、ウラカンペルフォルマンテと同じエンジンを採用しています。ミラーノ氏は、「これはランボルギーニがこれまで開発した最高のもので、エモーションなエンジンでなければならないことを考え採用しました。また、このエンジンはV型10気筒自然吸気ですので、迫力あるサウンドを生み出します。自然吸気のエンジンだからこそこれだけのエモーショナルなサウンドを生み出すことができるのです」と話します。

 さらにパフォーマンスを上げるために新しいテクノロジーも採用されました。例えばチタン製のインテークバルブです。これによって、エンジンの冷却性能が向上しています。また、スーパーエキゾーストシステムも搭載していますので、その結果、ペルフォルマンテと同じ最高出力640馬力、最大トルク600Nmとしながらも、「よりフラットな出力・トルク特性となっています」と述べました。

見た目は同じでも大きく変わった新型「ウラカンEVO」の詳細を画像でチェック

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事