年間37機を販売!「HondaJet」が2年連続カテゴリートップの販売数を達成

ホンダの航空機事業子会社ホンダ エアクラフト カンパニーが販売する「HondaJet」が、2018年小型ジェット機カテゴリーのデリバリー台数2年連続世界第1位を達成しました。

小型ジェット機年間37機デリバリーの実力

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、2018年(1月~12月)の「HondaJet」のデリバリー数が37機にのぼり、小型ジェット機カテゴリーにおいて2年連続世界第1位を達成したと発表しました。

飛行中のHondaJet Elite

 2018年の好記録の要因は、最新型の「HondaJet Elite(エリート)」従来モデルの性能を向上させた「HondaJet APMG パフォーマンスパッケージ」を発売したことがあげられます。なお、日本では12月に国土交通省より国内での型式証明を取得し、初号機の引き渡しを行っています。

 HACIがHondaJetのデリバリーを開始したのは2015年で、これまでに100機を超える機体を販売してきました。

 日本を含めて9か国の型式証明を取得し、現在北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インド、日本で販売しています。今後も機体の販売やサービスを実施するディーラー数のさらなる拡大にも取り組んでいくとしています。

 好調な勢いを見せるHACIの小型ジェット機事業について、同社取締役社長の藤野道格氏は、
「HondaJetが世界中のお客様に選ばれていることを大変うれしく思います。2年連続で世界最多デリバリーを達成できたことは、Hondaが最先端技術の開発と発展に邁進してきた証です。私たちは今後も、お客様の生活の可能性を拡げるために、さらなる努力をしていきます」
とコメントしました。

【了】

2年連続世界トップデリバリーを記録したHondaJet Eliteを写真でチェック(5枚)

画像ギャラリー

最新記事