なぜ、2系統展開? トヨタ王道SUV「ランクル」「プラド」の違いはどこに

トヨタには日本を代表するSUVが存在、それは68年の歴史を持つ「ランドクルーザー」です。現在、「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」の2系統販売されていますが、その違いはどこなのでしょうか。

王道SUV「ランドクルーザー」と「プラド」の違いとは

 日本には、世界が誇る本格的なSUV車があります。最近の「SUVブーム」と呼ばれる遥か昔から「SUV」の代名詞として、存在していたのがトヨタ「ランドクルーザー(ランクル)」です。

トヨタを代表する「ランクル(左)」と「プラド(右)」

 1951年に初代モデルが登場してから68年の歴史を積み重ねている「ランドクルーザー(ランクル)」は、2007年9月に現行モデル(200系)が登場しています。

 同じく現在、市販されている兄弟車として、「ランドクルーザープラド(プラド)」というモデルも存在。1984年に登場した「70系」というモデルをベースに歴史を重ね、現行モデルは2009年に登場した「ランクル」と共にトヨタの主力ラインナップです。

 1980年代後半から1990年台前半までは、当時のラリー人気やSUV(当時はクロカン)を使った映画やドラマの影響もあって「RVブーム」と呼ばれる時代が訪れます。

 その後、2010年くらいから現在の「SUVブーム」に突入し、さまざまな自動車メーカーがSUVモデルを市販化。そのなかでも、高い悪路走破性や耐久性、信頼性を誇る「ランドクルーザーシリーズ」は、世界中の人々を魅了したのです。

 クルマに興味が無いユーザーでも「ランクル」というワードを聞いたことのあるほどの知名度がありますが、その存在を「プラド」と混同している人も少なくありません。

 大きな違いとしては、ボディサイズとパワートレインがあります。「ランクル」のボディサイズは、全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm(1880mm)。対して「プラド」は、全長4825mm×全幅1885mm×全高1835mm(1850mm)と「ランクル」の方が一回り大きいサイズです。

 パワートレインの違いに、「ランクル」は4.6リッターV8気筒ガソリンエンジン(最高出力318PS/最大46.9kgf・m)の1種類。一方で、「プラド」では2.8リッター直列4気筒ディーゼルエンジン(最高出力177PS/最大45.9kgf・m)、2.7リッター直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力163PS/最大25.1kgf・m)となっています。

 また、グレード展開や乗車人数にも違いが存在します。「ランクル」は、全4グレード展開となり乗車人数は5人乗り/8人乗り。対して、「プラド」は乗車人数の違いも含めると全9グレード(5人乗り/7人乗り)を展開するなど、多様なニーズに対応しているのです。

トヨタの王道SUV「ランクル」と「プラド」の違いを画像で見る(17枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事