フォルクスワーゲン「T-Roc」に“R”グレード登場 ジュネーブモーターショー2019でその姿を公開

フォルクスワーゲンの販売する「T-Roc」は、2017年11月の発売以来、全世界で約20万台販売されているコンパクトSUVです。

発売から1年で世界累計20万台が販売されたコンパクトSUV「T-Roc」

 フォルクスワーゲンは、2019年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーでコンパクトSUV「T-Roc」の最上級グレードモデル「T-Roc R」を発表します。

ジュネーブモーターショーで初公開される「T-Roc R」

 日本未導入の「T-Roc」は、フォルクスワーゲンSUVシリーズ最小のモデルで、国内販売されている「ティグアン」の下に位置する車種です。また、その車体には新世代プラットホーム「MQB」を採用。全長4234mm、全幅1819mm、全高1573mm、イールベース2590mmと、ティグアンよりもホイールベースで25mm短く、80mmほど高い全高とされています。

 ジュネーブモーターショー2019で発表される「T-Roc R」は、同メーカーのスポーツモデルを手掛ける「Volkswagen R GmbH」によるもので、既存のRモデル同様に専用のエクステリアやインテリアデザインを採用し、パワートレインや足回りが強化されたものです。

世界累計20万台が販売されたコンパクトSUV「T-Roc」

 フォルクスワーゲンの発表によると、「T-Roc R」のプロトタイプ車は、ドイツ・ニュルブルクリンクなどで開発テスト中とのことですが、使い勝手に優れたサイズとスタイリッシュな外観を持つだけに、日本への導入が期待されます。 
 
【了】

フォルクスワーゲン「T-Roc」の画像を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事