トヨタ新型「スープラ」国内仕様を大阪で初公開 スポーティさ満点のTRD仕様も

大阪で行われているオートメッセ2019で、トヨタの新型「GRスープラ」の国内仕様が初披露されました。さらにスポーティな装いのTRDスープラも登場しました。

新型「GR スープラ」のTRD仕様

 トヨタの新型「GR スープラ」は、2019年1月に開催された「デトロイトモーターショー」にて世界初公開していました。その直前に開催された「東京オートサロン2019」では、国内最高峰レース「スーパーGT」の参戦を想定したレース仕様モデルもお披露目され話題となっています。

初公開されたTRD仕様の「GR スープラ」

 今回、大阪で開催されている「大阪オートメッセ2019」にて、新型「GRスープラ」国内仕様を初披露するとともに、トヨタのレース車両開発やカスタムパーツの販売を手がけている「TRD」が、新型「GRスープラ」のコンセプトモデルを初公開しました。

PRついに復活したトヨタのリアルスポーツカー! スープラの中古車情報はコチラ

 TRDは、『再始動のクランキング、25年の時を経て、TRD Supra 再び』というメッセージと共に「GR Supra Performance Line CONCEPT」を展示。

 市販モデルとの違いとして、ワイルドさを醸し出すカーボン調のパーツが、フロント、サイド、リア、ウィングなどに装着されています。

 TRDは、今後の市販化について、「まだ未定」とするものの、トヨタのスポーツカスタムを手がける同社から、最速のカスタム仕様がお披露目された瞬間、多くのファンから歓喜の声があがりました。

 今後もTRDの動向から目が離せません。

【了】

さらなる速さを求めたTRD仕様の「GR スープラ」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事