SUVはブームじゃない? ホンダ「ヴェゼル」で見えてきた市場ニーズの変化とは

新型「ヴェゼル」のターボ仕様はいかに?

 今回、新たに登場した「TOURING・Honda SENSING」。従来のガソリン・ハイブリッドモデルとは、どこが違うのでしょうか。

フロント周りが専用デザインとなった「TOURING・Honda SENSING」

 パワートレイン以外の変更点では、専用となるフロントグリルやフロントバンパーロアーグリル、左右2本出しのマフラーなど走りを際立たせるアイテムが装着されています。

 内装でも、上質さを演出するためにブランドを基調としてスエード生地や専用インテリアを搭載し、さらなる走行性能の高める部分では、ボディの剛性を向上させているのです。

 また、コーナリングの安定性を高める「アジャイルハンドリングアシスト」をヴェゼルで初採用するなど、『運転の楽しさ』を好むユーザーに適したクルマといえます。

 実際に、走り出しから従来のガソリン仕様に比べて力強さがあり、高速道路の合流や追い越しでもターボ特有の加速感を得られます。

 街中の走行が多いユーザーは、ハイブリッド仕様の滑らかな乗り心地が相性良いです。一方で、遠出や高速道路を走行する機会があれば、今回の1.5リッターターボ仕様の「TOURING」が良いかもしれません。
 
 激化するSUV市場において、エンジンラインナップが多いということは、ユーザーの選択肢が増えることに繋がります。

 前述の「セダンのように走りがよいSUV」という要素においては、国内のコンパクトSUVでの販売において、この「TOURING」は追い風になる要素です。

 
【了】

1.5リッターターボを搭載したホンダ新型「ヴェゼル」の画像を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事