重視するのは「機能性?それとも見た目?」 トヨタ86カスタムへの道【ブレーキ編】

タイヤ、ホイール、車高調など、見た目が変わるだけでなく走りにも直接影響するパーツを交換した事により、さらに運転を楽しめるクルマに進化した私のトヨタ「86」。そうなると、走りを楽しむ上で一番大切だと言っても過言ではない『止まる』という部分。ブレーキを交換しないなんて有り得ない!という事で、より止まれるブレーキを装着する事になりました。

「86」のブレーキの仕組みとは?

 トヨタ「86」のブレーキは、一般的にディスクブレーキと呼ばれる機構で、ブレーキペダルを踏むことでブレーキラインに充填されたブレーキフルードを押し出します。

TOM’Sのパーツでカスタマイズされたトヨタ「86」

 その油圧で車輪と一緒に回転するブレーキローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側から押さえつけることで摩擦力が発生。運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、制動する仕組みとなっています。

 そんなブレーキを構成する重要なパーツの中で、特に制動力に大きく関わるブレーキラインとブレーキパッドを交換します。

 クルマの運転を楽しむ上で最も重要な、『安全』を大きく左右するパーツという事もあり、レースという極限の環境で培われたノウハウが存分に詰め込まれたTOM’Sの製品を、今回も装着する事に決めました。

TOM’Sの「86」用ブレーキパッドは3種類

 TOM’Sで現在販売されている「86」用のブレーキパッドは全部で3種類あります。

 街中での初期制動を重視し、比較的安価な『スポーツ』と、全体的に制動力を上げつつ、ダストも出にくい高級志向の『パフォーマ』。そしてサーキットなどで性能をフルに発揮しるために制動力を最も重視したスポーツ走行向けの『レーシング』をラインナップしています。

TOM’Sのブレーキパッド『レーシング』とテフロン&ステンレスメッシュホース

 私の「86」は、TOM’SのRacingエアロキットにスポーツサスペンションキット、ヨコハマタイヤのADVANシリーズの最高峰スポーツタイヤ「NEOVA」でカスタムしています。

 そこまでカスタムしていたら、ブレーキパッドもサーキットでの制動力にこだわらない訳にはいかない!という事で、ここはもちろん『レーシング』を選択し、走りに特化したカスタムに振り切る事に決めました。

 ブレーキラインも純正のゴムホースから、テフロン&ステンレスメッシュ製のものに変更します。

TOM'Sのブレーキパッドやブレーキラインの画像を見る(8枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事