今も昔も軽自動車は軽くて楽しい? 懐かしくなる軽スポーツ5選

日本で一番売れているクルマは軽自動車ですが、なかでもハイトワゴン系がとくに人気です。かつてはスポーツ系の軽自動車を各社ラインナップしていたので、軽スポーツのなかから5車種をピックアップして紹介します。

懐かしの軽スポーツ5選

 いま日本で一番売れているクルマは軽自動車です。2018年の乗用車ブランド別販売台数ランキングではトップ10のうち7台が軽自動車となっています。

軽で唯一となるガルウイングを採用した「AZ-1」

 軽自動車のなかでも、ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」といったハイトワゴンがとくに売れています。

 そうした背景もあり、軽自動車のラインナップはワゴン、ハイトワゴンが大多数となり、スポーツ系はホンダ「S660」、ダイハツ「コペン」、スズキ「アルトワークス」くらいになってしまいました。

 かつてはスポーツ系の軽自動車を各社ラインナップして、お互い競っていた状況も。そこで、すでに販売を終了した軽スポーツのなかから5車種をピックアップして紹介します。

●マツダ「AZ-1」

マツダ「AZ-1」

 1989年に設立されたマツダの販売チャネル「オートザム」で販売された軽スポーツが「AZ-1」。1992年に発売された2シーターのクーペで、「AZ-1」最大の特長といえばガルウイングドアです。

 ルーフ部分にヒンジがありドアを真上に跳ね上げるタイプの、まさに「カモメの翼」のような開き方をします。

 エンジンはスズキ製のDOHC直列3気筒ターボで、これをリアミッドシップに搭載。出力は軽自動車上限の64馬力で、車体の外板の多くをFRPとして軽量化を施し車重は720kgとなっており操縦性は、かなり尖っていて「ジャジャ馬」という表現がぴったりのクルマでした。

 バリエーションは、1グレードのみでしたが「マツダスピードバージョン」が特別仕様車として追加されています。また、「AZ-1」はスズキにも供給され「キャラ」という車名でも販売されました。

 バブル景気も終了し、価格が149万8000円と当時としては高額だったため、わずか3年という期間で生産を終了。いまでは中古車市場でプレミアム価格となり、高値で取引されています。

●ホンダ「ビート」

パワーを使い切れる走りが楽しかった「ビート」

 ホンダ「ビート」は、1991年に発売されたオープン2シーターです。ルーフは、樹脂コーティングされた布製の幌を採用して手軽にオープンにでき、内装のデザインもゼブラ柄のシートとするなど、ポップなイメージとなっていました。

 エンジンは、「アクティ」や「トゥデイ」で実績のあったSOHC直列3気筒をリアミッドシップに搭載。自然吸気ながらライバルと同様に64馬力を発揮し、3連スロットルにより優れたアクセルレスポンスを誇りました。

 また、ブレーキのタッチや、シフトフィーリングも秀逸で、当時のホンダのエンジニアいわく「ビートは軽自動車ではない」と、中身は軽自動車の水準を大きく超えていた作りになっています。

 ATこそなかったものの、特別仕様として「バージョンF」「バージョンC」「バージョンZ」を発売するなど、バリエーションは豊富。

 1996年まで生産され現在でも現存数は多く、2017年にはホンダが純正部品の再生産を始めたことが話題になりました。

平成の軽「ABCトリオ」や幻の「スポーツ360」など5車種の画像を見る(18枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事