ホンダ 原付一種スクータージョルノに「ジョルノ・デラックス」を追加し発売

ホンダの原付スクータージョルノに「ジョルノ・デラックス」を追加し発売します。上品で可愛らしいカラーリングで若者から支持!

若者層に向けたカラーリングを採用したジョルノ

 ホンダは、原付一種スクーターのジョルノに「ジョルノ・デラックス」を追加、さらに「ジョルノ」のカラーバリエーションを変更し、2月15日(金)に発売します。

ジョルノ・デラックス(タスマニアグリーンメタリック)

 新たに追加したジョルノ・デラックスは、「ボニーブルー」と「タスマニアグリーンメタリック」の2色を採用しました。鮮やかな水色のボニーブルーのリアサイドカバーとストライプにはソフトベージュを、また、深みのある緑色のタスマニアグリーンメタリックのリアサイドカバーとストライプには、シルバーを採用するなど、上品でかわいらしいジョルノの印象をより際立たせるツートーンカラーとしています。

 ジョルノシリーズは、愛らしく個性的なデザインに、扱いやすい出力特性を備えた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。親しみやすい丸みのあるデザインと、左側のグローブボックス内に携帯端末の充電等に便利なアクセサリーソケットなどを装備しているモデルです。

 また、2016年3月から販売されている「ジョルノ・くまモン バージョン」は、販売が継続されます。

 国内年間販売計画台数は、シリーズ合計1万500台。価格(税込)は、ジョルノ・デラックス19万9800円、ジョルノ19万4400円、ジョルノ・くまモン バージョン20万3040円です。

【了】

「ジョルノ」のカラーバリエションを写真で見る

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事