アウディ「RS 4 Avant」6年ぶりのフルモデルチェンジ 大幅ダウンサイジングするも最大トルクを向上

アウディの販売する「RS 4 Avant」は、同メーカーのステーションワゴン「A4 Avant」(A4アバント)をベースに、スポーティさとラグジュアリー性を高めたA4シリーズの頂点に位置するモデルです。

最大トルクと燃費性能を大幅に向上

 アウディは、同メーカーの「R8」や「RS 6」など、ハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたA4シリーズのトップモデル「RS 4 Avant」の新型車を発表。2019年1月28日より販売を開始しました。

アウディ RS4アバントの詳細を見る

Audi Sport GmbHが手掛けた新型「RS 4 Avant」

 従来型の4.2リッターV8DOHCに変わり、新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載する同モデルは、ダウンサイジングしつつも、前モデルと同じ450PSを発揮。最大トルクに関しては17kg向上しています。

 アウディならではのquattroフルタイム4WDシステムを採用する「RS 4 Avant」は、左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルをリアアクスルに装備することで、エンジンの大パワーを確実に路面に伝達。

 ターボチャージャーによる過給システムと可変バルブタイミング機構を組み合わせ、さらに圧縮比を高く設定することで、高出力と高燃費を両立させたエンジン燃焼方式「Bサイクル」の採用により、燃費11.2km/L(JC08モード)を達成しています。

外観のイメージソースとなった「Audi 90 quattro IMSA GTO」

 かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせた「Audi 90 quattro IMSA GTO」からインスピレーションを得た外観においては、RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することでスポーティさを強調。ブリスターフェンダーの装着でA4 Avantに比べ全幅は25mmワイド化されました。
 
 RS専用シフトゲージやSスポーツシート、革巻きのハンドルを採用したインテリアにおいては、スピードやタコメーターの他、ナビゲーションなども表示可能な「アウディバーチャルコックピット」を標準装備。スポーティさとエレガントなデザインとされています。

 その他、最新の安全技術とドライバーアシストを備えた新型「RS 4 Avant」は、価格(消費税込)1196万円です。
 
【了】

アウディ「RS 4 Avant」の画像を見る(5枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー