新東名の最高速度120キロに引き上げ 新静岡から森掛川区間にて3月1日から開始

静岡県警は、新東名の新静岡ICから森掛川ICの区間にて、最高速度を120km/hとする試行を実施すると発表しました。

最高速度120km/hの試行開始

 静岡県警は2019年1月28日に、新東名高速道路(新東名)の新静岡ICから森掛川ICの区間にて、最高速度を120km/hとする試行実施を同年3月1日から開始すると発表しました。

 実施区間は、2017年11月から最高速度110km/hの試行を実施している新東名(新静岡ICから森掛川IC)と同じ上下線約50キロです。

新東名のイメージ

 対象車両は、総重量8トン未満・最大積載量5トン未満の中型トラック、乗用車、バス、軽自動車や排気量126cc以上の二輪車となります。

 高速道路の最高速度は、2016年に行われたた「高規格の高速道路における速度規制の見直しに関する調査研究」委員会での提言において、以下のように説明しています。

「新東名高速道路は設計速度120キロの高規格高速道路の中で、“渋滞の発生が少ないこと”や“死傷事故率が低いこと”などのことから試行の対象となったものです。

 その中でも、新静岡ICから森掛川ICの区間は、『3車線の区間の割合が高いこと』『1キロ当たりの交通事故率が低いこと』『霧や大雨等、視認不良時による最高速度の規制実施が少ないこと』などの理由から試行区間として選定しました」

※ ※ ※

 今回の最高速度120km/hへの引き上げについては、「まずは一部の区間において、最高速度を110キロに引き上げ、実勢速度や事故実態等の変化の状況を見た上で、最高速度120キロへの引き上げや、他の路線、他区間の引き上げの検討を行う」としていたことから、今回の引き上げ試行が実施されました。

 静岡県警察本部は、最高速度が引き上げられることについて、次のような注意を促します。

「最高速度が引き上げられますが、120キロで走行する必要はありません。十分な車間距離を保ち、進路変更する際は、進路変更しようとする車線の安全確認を確実に行っていただくとともに、交通状況に応じた安全な速度で走行してください」

※ ※ ※

 静岡県警は、最高速度を110km/hの引き上げた際、高速道路警察隊に交通機動隊のパトカーを動員したほか、2018年1月と2月の2日間にヘリコプターを使用した上空からの取締りを強化しました。

 日本の高速道路は、長らく最高速度100km/hが続いていましたが、2017年と今回の試行によって今後の最高速度に関する方針が定まります。そのためにも、無理に120km/hで走行することはせず、安全を心がけた運転をすることが望ましいです。
 

【了】

【新東名の画像を見る】

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事