個性的なデザインをさらに引き立たせるカラーリングを採用したホンダ「X-ADV」

ホンダ「X-ADV」のカラーリングを変更し、2月21日に発売します。カラーリングには、カモフラージュ柄なども採用し、より個性的なデザインのモデルに仕立てられています。

個性的デザインの車体にクールなカラーリングを採用したX-ADV

 ホンダは、走破性に優れたパッケージングと、力強いトルク特性で燃費性能に優れる直列2気筒745ccエンジンに、ホンダ独自の二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせた大型アドベンチャーモデル「X-ADV(エックス エーディーブイ)」のカラーリングを変更し、ITSスポットでの渋滞回避支援や安全運転支援などにも活用されるETC2.0車載器を標準装備し2月21日(木)にHonda Dreamより発売します。

カムフラージュ柄を採用したX-ADV(マットアーマードグリーンメタリック)

「X-ADV」のカラーリング変更は、金属調で硬質なマットビュレットシルバーや、スポーティーなイメージを強調する鮮やかなグランプリレッド、アドベンチャーイメージを演出する迷彩柄を採用したマットアーマードグリーンメタリックの全3色を新たに設定しています。また、従来から標準装備されているETC車載器をETC2.0車載器へバージョンアップが行われました。

「X-ADV」は、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で両立したモデルとして、ライダーの好みに応じて2段階選択可能なトルクコントロールシステム「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」や、アクセル操作に対する駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達するようクラッチ制御を変更する「Gスイッチ」を採用するなど、個性的なデザインと各種機能を装備しています。

X-ADV(マットビュレットシルバー)

 販売価格(税込)は、「X-ADV マットビュレットシルバー」124万920円、「X-ADV グランプリレッド/マットアーマードグリーンメタリック」127万3320円です。

なお、販売計画台数は、国内年間550台です。

【了】

カムフラージュ柄を採用した「X-ADV」の写真を見る

画像ギャラリー

最新記事