スーパーホワイトが憧れだった! 現行モデルで蘇るハイソカー5選

かつて日本ではハイソカーブームがあり、その多くはトヨタ車で「ソアラ」や「マークII/クレスタ/チェイサー」でした。では、現行のモデルでハイソカーをイメージさせるようなクルマはあるでしょうか。そこで、いま販売されているセダンのなかから、5車種のハイソカー的なクルマをピックアップし、紹介します。

現代に甦ったハイソカー5選

 1980年代から1990年代は、若い人たちがクルマを持つことはステータスでした。ただ、クルマを持つといっても、ジャンルはいくつかに分かれていたようです。

ハイソカーの象徴的存在だった初代「ソアラ」

 具体的には「レビン/トレノ」「シビック」など走り屋御用達のクルマ、「ファミリア」や「プレリュード」などデートカー、そして「ソアラ」「マークII」といったハイソカーです。

「ハイソカー」とは“High society”(ハイソサエティ:上流社会)なクルマのことで、決して格別な高級車というわけではなく、多くは高級車の雰囲気をかもしたミドルクラスのクルマのことです。

 1980年代を中心にハイソカーブームがあり、代表的なモデルは「ソアラ」、セダンだと「マークII/クレスタ/チェイサー」でした。

 ブームはいつか終わる運命がありハイソカーという名は廃れ、いまや死語となってしまいました。

 そこで、現行モデルでハイソカーをイメージさせるようなクルマがあるのか、いま販売されているセダンのなかから5車種のハイソカー的なクルマをピックアップして紹介します。

 なお、選考基準は「押出し」が強めなデザインであること。それと、かつてのハイソカーに敬意を払って2リッターから2.5リッターエンジンをラインナップしていることです。

●レクサス「GS」

性能も押しの強さも国産車で随一のセダン「GS」

 レクサス「GS」の起源をたどるとトヨタ「アリスト」になります。「アリスト」は「セルシオ」と違い、スポーティ路線のセダンで、北米でレクサス「GS」として販売されました。

 現行の「GS」は2リッター直列4気筒ターボエンジンの「GS300」から3.5リッターV6ハイブリッドの「GS450h」まで大きく分けて4グレードの構成になっています。

 デザインはレクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルのフロントフェイスが、押出しの強さをアピールしています。

「アリスト」の系譜だけに全体的にはスポーティでありながら、ラグジュアリーなたたずまいも兼ね備え、「GS」現代のハイソカーに相応しい1台ではないでしょうか。

●日産「スカイライン」

かつてはハイソカーには成り得なかった「スカイライン」

 代々スポーティなセダン、クーペとして販売されてきた日産「スカイライン」も、現行モデルで13代目となります。

 ハイソカーブームの頃に「スカイライン」が「マークII」対抗しようとモデルチェンジしましたが(7代目 R31型)、ハイソカーとしては成功しませんでした。

 最新の「スカイライン」はというと、かなりアグレッシブなデザインのセダンで、猛禽類を思わせるヘッドライトが特徴です。

 エンジンは2リッター直列4気筒ターボと、3.5リッターV6ハイブリッドになり、とくにハイブリッドは364馬力のシステム出力を誇るなど、エコ寄りではないスポーツセダンとなっています。

 デザインはサイドから見ると流麗な印象ですが、前後の押出し感は強めになっており、同じくセダンの「フーガ」よりもハイソカー的イメージが色濃く出ています。

現行の国産モデルから選んだハイソカー的5車種の画像を見る(16枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事