日産が元気になった? ミニバンをGT-R化!? 多くの人が注目した「エルグランド」とは

東京オートサロン2019の日産ブースに、多くのユーザーが途切れることなく、注目されていたミニバンが出展されていました。その車両は、「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」。いったいどんな注目ポイントがあったのでしょうか。

ミニバンをGT-R化!? 「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」

 東京オートサロン2019の日産ブースに展示された車両の中でも、多くのユーザーが途切れることなく車両をチェックしたり撮影したりと、注目度の高い車両となっていたミニバンが出展されていました。

 その車両は、「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」。

東京オートサロン2019の日産ブースに出展された「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」

 先日、ビッグマイナーチェンジを実施したばかりのエルグランド。一時期はLクラスミニバンではトップクラスの人気を誇る車種だった同車ですが、近年はライバル車種の勢いに押されてしまっているというのが実情です。

 しかし、エルグランドが持ち合わせるスポーティさとプレミアムさというのは未だにライバルに引けを取らないもの。そんなスポーティさとプレミアムさを極限まで強調したのが、このコンセプトモデルというわけです。

 まず一番に目を引くのがGT-Rと同色のアルティメイトシャイニーオレンジに塗られたボディカラー。そしてメッキのグリルをピアノブラック塗装とすることでより精悍でスポーティなイメージを持たせています。

 さらに足元にはGT-Rが装着する20インチホイール(フロント用の9.5jインセット45サイズ)を4本装着し、タイヤも同様に255/40ZRF20サイズを装着。ブレーキもGT-Rと同様にブレンボ製のものがおごられています。

 なお、フロントにGT-Rサイズのタイヤホイールを装着したことで若干はみだしが生じてしまったため、フェンダーアーチモールが追加されているのはメーカー謹製だからこそと言えるポイントです。

 内装もGT-Rのシートに使用されているものと全く同じ赤の本革の表皮に張替え、プレミアム感とスポーティ感のアップに一役買っています。

PR最上級ミニバンの先陣を走った! エルグランドの中古車情報はコチラ

 エンジンは標準車のまま2.5リッターの直4エンジンとなっていますが、ここはメーカーが作るコンセプトカーということで、常識的なラインを超えないという配慮があったのだそう。

 日産の説明員曰く「乗せようと思えばVR38DETTを載せることもできると思います。コンパクトSUVの『ジューク』にも載るくらいですから」とのことです。

【了】

日産が攻めた! エルグランドをGT-R化した「エルグランド・ザ・スポーツプレミアムコンセプト」の詳細を画像で見る

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

最新記事