話題の「マツダ3」日本初公開 スタイリッシュさを増した「CUSTOM STYLE」も登場

2018年11月28日にロサンゼルスモーターショーで世界初公開された「マツダ3」が、遂に日本で初披露されました。

エアロパーツの装着でよりスタイリッシュに仕上がった「マツダ3カスタムスタイル」

 マツダは、シンプルながらこれまで以上に力強い生命感を表現したマツダ3(北米仕様車・参考出品)を東京オートサロン2019で日本初披露しました。

マツダ3のカスタマイズモデル「マツダ3カスタムスタイル」

 セダンとハッチバックが用意されたこのモデルですが、その中でも特に注目を浴びていたのが、「心が動かされるようなデザイン」を追求したハッチバックモデルに、数々のエアロパーツを組み込むことで心揺さぶる走りと、クルマとの特別な時間を予感させるスタイルが与えられた「マツダ3カスタムスタイル」です。

 マツダカスタマーサービス本部リージョン商品推進部開発推進グループ・今城真さんに「マツダ3 カスタムスタイル」について話をうかがいました。

――「マツダ3 カスタムスタイル」のボディカラーはショー用のものですか?

 このカラーリングは特別色ではなく純正色で、市販時に採用される予定のものです。

――カスタマイズされているポイントを教えてください。

 外観では、フロントスポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラー、それとドアミラーのカバーになります。これらはすべて市販予定となっています。

 内装ではフロアマット、ペダルカバー、あとはドアを開けた時に足元にあるスカッフプレートになります。

マツダ3のカスタマイズモデル「マツダ3カスタムスタイル」リアビュー

――車高が低く、マフラーも変わっているように見えますが、市販予定ですか。

 車高調整式のショックアブソーバーが付いていますが、あくまでもショー用のものです。マフラーもディーラーオプションとは別のもので、市販予定はありません。

※ ※ ※

 発売前から大きな話題を呼んでいる「マツダ3」だけに、カスタマイズモデルのラインナップにも期待が掛かります。

【了】

「マツダ3」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事