ホンダ若者向けスクーター「DJ・1R」 原付スクーター黄金期到来!

1985年、ホンダからは15車種ものスクーターが販売されていました。とくに「DJ・1」は若者に向けたスポーツスクーターです。

さまざまな限定車が発売され人気はうなぎ登りに!

 80年代ホンダのスポーツスクーターは、「DJ・1」やタクトなどヒット商品に溢れていました。

F1ウィリアムズ・ホンダカラーの「DJ・1Rウィニングスペシャル」

 1985年に登場した「DJ・1」は、当時若者に非常に人気ある原付スクーターであり年間販売台計画数は20万台でした。発売当時ホンダのスクーターラインナップは、15車種です。

「DJ・1R」は、標準モデルである「DJ・1」から最高出力を5.5psから6psに向上させ登場します。

 空冷2サイクルエンジンにワイドレシオのオートマチックを搭載し、力強く、俊敏な走りを発売当時誇っていました。足回りは、前輪サスペンションに低圧エア封入式ダンパーと、軽量ホイールを採用しています。

F1ウィリアムズ・ホンダカラーの「DJ・1Rウィニングスペシャル」

 また、1986年のF1でウィリアムズ・ホンダがコンストラクターズタチャンピオン獲得記念として限定発売された「DJ・1Rウィニングスペシャル」や黒と白の水玉模様とストライプを組合せたデザインの「ホンダDJ・1R・“ビバユー”エディション」も存在します。

 1987年発売「DJ・1R」の価格(当時)は、12万9000円、国内年間販売計画台数は、6万台でした。

【了】

F1ウィリアムズ・ホンダカラーの「DJ・1Rウィニングスペシャル」をもっと見る

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事