プジョー「308」に新開発のディーゼルエンジンや8速ATを搭載

プジョーの主力モデル「308」に、新開発の1.5リッタークリーンディーゼルエンジン搭載車が設定されました。これまで以上にパワフルな走りで、より低燃費に。アクティブクルーズコントロールの採用で安全性能も向上しています。

プジョー「308」に1.5リッタークリーンディーゼルモデル登場

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「308」に新型エンジンや8速オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを搭載し、2018年12月17日より発売しました。

プジョー「308」

「308」は、実用性やスタイリング、走り、安全性などを兼ね備えたプジョーの主力モデルのひとつで、5ドアハッチバックと4ドアステーションワゴンの2つのボディタイプがラインナップされています。

PRプジョー 308の中古車情報はコチラ!

 今回導入された「308」は、新開発の1.5リッタークリーンディーゼルエンジンを搭載。従来の1.6リッタークリーンディーゼルエンジンよりダウンサイジングしたにもかかわらず、最高出力は従来型比で+10馬力の130馬力で、従来型を上回るパワフルな走りが楽しめるようになりました。燃費性能については、JC08モード燃費が24.3km/Lとなり、従来型の21.0km/Lより向上しています。

 1.2リッターガソリンエンジンは、新しい燃料噴射システムの採用やターボチャージャーを電子制御に変更するなどの改良が施され、ヨーロッパで導入された新たな排ガス規制「EURO6.2」に対応しました。

 また、トランスミッションは、308 GT BlueHDiに採用されていた新世代の電子制御8速オートマチックを新たに搭載。これにより、GTiグレードを除く全車が、8速AT&パドルシフト付きになりました。

 機能面では、レーダーで検知して前走車との距離を一定に保つアクティブクルーズコントロールや、Apple CarPlay対応のスマートフォン接続機能「プジョーミラースクリーン」など、ニーズの高い装備を搭載しています。

 なお、新エンジンの導入特別仕様車として、スポーティな内外装が魅力の「308 GTライン」が設定されました。

 価格(消費税込)は、1.5リッタークリーンディーゼルモデルが304万9000円から354万7000円、1.2リッターガソリンモデルが283万9000円から308万9000円となります。

【了】

新開発のディーゼルエンジンを搭載したプジョー「308」の画像を見る(9枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事