「平成」に最も売れた車 時代が変わってもトヨタ「カローラ」「プリウス」の人気は強し

移り変わる時代とともにクルマの好みも変わった?

 1995年あたりまででは、それまでランキング上位はセダンが独占状態でした。しかし、徐々にトヨタ「エスティマ」やホンダオデッセイ」といったミニバン、ホンダ「CR-V」やスバル「レガシィ」といったRVやツーリングワゴンがランキング上位に入ってくるなど、年代ごとに変化が大きくユーザーの趣向が多様化。

 2000年前後では、コンパクトカーが多くなりつつ、ミニバンも常連化。その後、前出「プリウス」の登場によりエコカーが時代を象徴していきます。

ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載後、販売好調の日産「ノート」

日産 ノートの詳細を見る

 そして、2018年は平成30年を迎える区切りの年です。2018年1月から11月までの「普通車販売台数ランキング」の合計台数は、トヨタ「プリウス(108401台)」、トヨタ「アクア(117511台)」、そしてここに来てテレビCMでもおなじみの日産「ノート(128260台)」と現時点で首位を維持。

 2018年11月末にあった「ゴーン氏逮捕」や同年12月17日に発売されたトヨタ「プリウス」のマイナーチェンジの影響がどう反映されるか、2019年の年明けには正式な「2018年 普通車(登録車)の販売台数ランキング」が発表されます。

 クルマ業界の平成最後は、トヨタと日産どちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか。 

【了】

平成を代表するクルマを画像でチェック

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事