ボルボの「V40/V40 Cross Country」に2種類の特別仕様車が登場

ボルボの40シリーズ「V40/V40 Cross Country」に特別仕様車が登場。 「Tack Edition」「Classic Edition」という2種類が発売されました。

装備を充実させた「Tack Edition」や上質なアイテムをフル装備した「Classic Edition」を新たに設定

 ボルボ・カー・ジャパンは、V40シリーズの新たなラインナップとして、ベーシックモデル「Tack Edition」と充実装備仕様「Classic Edition」を2018年12月18日より発売。

V40 Cross country T5 AWD Classic Edition(奥)/V40 T3 Tack Edition(手前)

「Tack Edition」は、「V40 T3 Kinetic」「V40 Cross Country T5 AWD Momentum」をベースに、車内のセキュリティ状態を確認できる『PCCキーレスドライブ』や『フロント・シートヒーター』などを装備した特別仕様車で、「Tack」はスウェーデン語で「ありがとう」の意味となります。

ボルボ V40の詳細を見る

「Tack Edition」の車両価格(消費税込み)は368万円、「Cross Countryモデル」434万円です。

 もう一台の特別仕様車「Classic Edition」は、「V40 T3 Inscription」「V40 Cross Country T5 AWD Summum」をベースに、『パノラマ・ガラスルーフ』、『リア・シートヒーター』を装備した特別仕様車。「Classic Edition」の車両価格(消費税込み)は428円、「Cross Countryモデル」は469万円。

 特別仕様車「Tack Edition」「Classic Edition」とも、全6色のカラーコンビネーションを設定しています。
 
【了】

ボルボ「V40」の特別仕様車を画像で見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント