三菱 新型「トライトン/L200」を初披露 約150ヶ国で販売する世界戦略車に

三菱は、2018年に生誕40周年を迎えた1トンピックアップトラックの新型「トライトン/L200」を11月9日にタイ・バンコクで世界初披露し、17日より販売を開始すると発表しました。

新型「トライトン/L200」は世界戦略車のひとつ

 三菱は、2018年に生誕40周年を迎えた1トンピックアップトラックの新型「トライトン/L200」を11月9日にタイ・バンコクで世界初披露し、17日より販売を開始すると発表しました。

 新型「トライトン/L200」は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのレムチャバン工場で生産。

 タイをはじめとするアセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次展開し、最終的には約150ヶ国で販売する計画となっています。

世界初披露となった三菱 新型「トライトン/L200」

 新型「トライトン/L200」は、「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトと歴代モデルでの開発思想である “Engineered Beyond Tough” のもと、新世代の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用した力強いデザイン、オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全・運転支援技術の採用など、商品力を高めています。

PR荷台の使い方はあなた次第!トライトンの中古車はコチラ

 また、ビジネスユースにおける耐久性・信頼性に加え、プライベートユースにおける快適性や乗り心地も向上。

 今年度は新型モデルと現行モデルの合計で約18万台の販売計画があるといいます。昨年度のグローバルでの販売台数では、三菱の商品ラインアップにおいて「アウトランダー」に次ぐ約16万台の実績があり、重要な世界戦略車のひとつに位置づけられています。

 今回の世界初披露に先立ち、三菱の益子修CEOは「三菱自動車にとって『トライトン/L200』は極めて重要な世界戦略車のひとつであり、当社の持続的成長には今回投入するクルマの成功が不可欠です。

 今回の改良では、初代から40年間で培った耐久性、信頼性及び快適性にさらに磨きをかけるとともに、デザインを力強く堅牢なものに一新しました。新型「トライトン」は世界中のお客様の多様なご要望にお応えできると確信しています」と述べました。

 なお、新型「トライトン/L200」の日本における販売計画はないとのことです。
 
【了】

新型「トライトン/L200」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事