• くるまのニュース
  • ニュース
  • メルセデス・ベンツ「Vクラス」の特別仕様車「V260 ロング」を発売 現行モデルで初のガソリンエンジン車

メルセデス・ベンツ「Vクラス」の特別仕様車「V260 ロング」を発売 現行モデルで初のガソリンエンジン車

メルセデス・ベンツは「Vクラス」の特別仕様車「V260 ロング」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、2018年11月5日より注文受付を開始します。なお、ユーザーへの配車時期は2019年1月頃の予定としています。

現行モデルでは初となるガソリンエンジン車

 メルセデス・ベンツは「Vクラス」の特別仕様車「V260 ロング」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、2018年11月5日より注文受付を開始します。なお、ユーザーへの配車時期は2019年1月頃の予定としています。

メルセデス・ベンツ「Vクラス」の特別仕様車「V260 ロング」

 1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイルと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを創出。

PRミニバンでも感じるメルセデスの世界!VクラスのU-carを見る

 その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経ながら、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど日本のユーザーニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数約3万台となっているロングセラーモデルです。

 今回、特別仕様車として販売される「V260 ロング」は、最高出力211PS、最大トルク350Nmを発揮する2リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンを採用し、7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC」を組み合わせることで、高い静粛性と、より滑らかなドライブフィールを実現しています。

 また、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」、本革シート、リクライニングが可能な3列目ベンチシート、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付)を標準装備しています。

 さらに、グレーペイント18インチ5スポ―クアルミホイールを採用しました。内装には、ブラウンウッド調インテリアトリムを採用し、高級感のある室内空間を演出しています。

 メルセデス・ベンツ「V260 ロング」の価格(消費税込)は、738万円です。外装色は「オブシディアンブラック」と「ロッククリスタルホワイト」の2色の展開で、販売台数はそれぞれ125台となっています。

【了】

特別仕様車メルセデス・ベンツ「V260 ロング」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事