ホンダ「Neo Sport Cafe」ローマでデザインされたモダンで斬新なコンセプトモデル【EICMA2018】

ホンダは同社のローマR&Dデザインセンターで製作されたコンセプトモデル「Neo Sport Cafe」を発表。パリモーターショー2018に引き続き、EICMA2018でもその姿を公開しました。

現代的なテイストを取り入れた「Neo Sport Cafe」

 ホンダのコンセプトモデル「Neo Sport Cafe」は、同社のローマR&Dデザインセンターで製作されたモダンな姿が与えられた一台です。

ホンダ「Neo Sport Cafe」

 パリモーターショー2018に引き続き、EICMA2018でもその姿を公開する「Neo Sport Cafe」は、既に世界各国でリリースされているCB125R, CB300R(日本ではCB250R)、CB1000Rで用いられるスタイルをより現代的かつシンプルにアレンジした、ユニークなシルエットが与えられたモデルです。
 
 既存の「Neo Sport Cafe」のスポーツ性能をより強調し、短くされたテールカウルや、デュアルマフラーを採用するこのモデルは、未来的なヘッドライトやテールライトで斬新さを増長させています。

 各部パーツに施された繊細な機械加工や新しい表面処理により、ネイキッドモデルの持つ本質的な魅力を引き出しています。

 2019年に市販が予定されているモデルが数多く登場するEICMAだけに、「Neo Sport Cafe」の量産化にも期待が掛かるところです。
 
【了】

ホンダ「Neo Sport Cafe」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事