新型セダン、レクサス「ES」が発売 量産車世界初となるドアミラーレスを採用

レクサスは新型「ES」を全国のレクサス店を通じて10月24日に発売しました。量産車として世界初採用のデジタルアウターミラーを装備するなど、世界トップレベルの先進安全技術を搭載しています。

量産車世界初となるデジタルアウターミラーをオプション装備

 レクサスは新型「ES」を全国のレクサス店を通じて10月24日に発売しました。「ES」は、1989年にフラッグシップセダン「LS」とともに、レクサス最初のラインナップとして誕生。上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で好評を博し、数多くの国・地域において基幹モデルとして、レクサスの歴史を築き上げてきたモデルです。レクサスは7代目にあたる新型「ES」を、母国日本において初めて販売することになります。

新型レクサス「ES」発売

 今回、発表された新型「ES」は、原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させています。また、フラッグシップである「LC/LS」に続く、新世代レクサスラインアップとして、デザインや走りも大きな変革を遂げています。

 具体的には、低重心な『GA-Kプラットフォーム』を活かし、流麗かつ引き締まったエクステリアと広く快適な室内空間を両立したほか、レクサス独自のコンセプトにもとづく、ドライビングの高揚感とくつろぎの空間を融合したインテリアとなっています。

 また、新たなプラットフォーム・パワートレーンにより、歴代「ES」がDNAとして継承してきた上質な乗り心地を進化させるとともに、優れた操縦安定性で運転の気持ちよさを提供するなど、相反する要素を両立した「二律双生」を実現しているといいます。

 エンジンは2.5リッターのハイブリッドのみとなり、JC08モードで23.4km/Lの優れた燃費性能を達成しています。

 さらに、量産車として世界初採用のデジタルアウターミラーや、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」など、世界トップレベルの先進安全技術を装備しています。

 デジタルアウターミラーのメリットとしては、以下となっています。

・最低限の目線移動量
・カメラ部分の小型化で死角が減少
・バックやコーナーを曲がる際に画角やズーム変化が可能
・通常のミラーより画角が広い
・夜間でも周囲の明るさによって見えやすい
・雨や霧でも水滴が付着しにくい形状や、ヒーター機能によって視界を保つ

 この、デジタルアウターミラーのグローバル展開については「仕向地の法規的な問題でなかなか認められていない。今後は、法規の対応やニーズで検討していく」(レクサス開発担当)とのことです。

「ES」は国内初登場ですが、このタイミングで日本に導入する背景についてうかがいました。

「ESはもともとアメリカがメインで、次に中国です。このセダンタイプは、アメリカで市場縮小しているものの、中国は伸びています。グローバル車ということでポテンシャルを持っていることから、7代目から日本にも導入を決めました。日本にも自信を持って導入することになります」(レクサス)

 また、受注台数については10月24日時点で、月間販売目標台数の6倍となる2200台を受注しているとのことです。この好調な受注状況については。

「受注台数が好調な理由ですが、7割のお客様が既存オーナーのためコミュニケーションが上手くいっているのが要因だと思います」(レクサス)と話します。

 グレードは「ES300h」と、装備の充実した「ES300h“version L”」、スポーティな「ES300h“F SPORT”」のラインナップとなり、デジタルアウターミラーは「ES300h“version L”」のみのメーカーオプションで、オプション価格(消費税込)は21万6000円です。

 新型レクサス「ES」の価格(消費税込)は、580万円から698万円となっています。

【了】

新型レクサス「ES」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事