渋いデザインとハイパワーが似合う ちょいワルオヤジに乗ってほしい国産セダン5選

いま日本で売れているクルマは軽自動車やコンパクトカーですが、渋いオトナが乗るセダンもまだまだ健在です。そこで「ちょいワルオヤジ」に乗ってほしい国産セダンを5車種紹介します。

非日常的ハイパワーのセダン3車種

 いま日本で売れているクルマは軽自動車やコンパクトカーですが、渋いオトナが乗るセダンもまだまだ健在です。車種は少ないながらも、ほとんどの国産メーカーがセダンをラインナップしています。

ちょいワルオヤジに乗ってほしい国産セダン5選

 そんな数少ないセダンですが、流麗なデザインや、超弩級ハイパワーの個性的なモデルが存在しています。イメージは『ちょいワル』なセダンです。そこで『ちょいワルオヤジ』に乗ってもらいたいセダン5車種を紹介したいと思います。

●レクサス「GS F」

 レクサスのラインナップで「F」が付くのは特別なモデルです。なかでも「GS F」は一般道からサーキット走行までこなす、ハイパフォーマンスセダンになっています。

 エンジンは5リッターV8で最高出力は477PSを誇ります。このエンジンを受け止めるためにシャシもチューニングされ、サスペンション、ブレーキも大幅に強化されています。さらにエクステリアにはカーボン製のエアロパーツが装着され、軽量化と空力性能を高めています。

 トランスミッションは8速ATを採用し、最短0.1秒で変速できるなど本格的なスポーツドライビングも楽しめます。一般道ではなめらかに走り、ワインディングなどではスポーツモードに切り替え、ダイレクト感ある走りを実現。見た目も中身も「ちょいワルオヤジ」に最適なセダンです。

●ホンダ「レジェンド」

 ホンダの最高級セダン「レジェンド」が、なぜ「ちょいワルオヤジ」に似合うのか。それは「レジェンド」がセダン版「NSX」と言ってもいいほどの内容だからです。

 エンジンは3.5リッターV6で、トランスミッションにモーターを配置し、フロントを駆動します。さらにふたつのモーターをリアに配置して左右を駆動し、トータルの出力は382PSにもなります。このシステムは新型「NSX」のものを前後逆にしたかたちになっています。

 3モーターハイブリッドシステムにより4輪を制御し、コーナリング性能もハイレベルで、ラグジュアリーな見た目とは裏腹に、スポーティな走りのセダンになっています。

 エクステリアはアメリカで売っているアキュラ「RLX」に準じていて、どことなくアメリカナイズされています。渋いオトナがラフな装いで乗るのもカッコイイ一台です。

●日産「スカイライン」

「スカイライン」といえばスポーティなセダン/クーペとしてその地位を築いてきましたが、現行モデルではセダンのみをラインナップしています。

 エンジンは2リッター直4ターボと、3.5リッターV6ハイブリッドの2種類ですが「ちょいワルオヤジ」にはぜひ3.5リッターハイブリッドをチョイスしていただきたいです。なぜならエンジンとモーターの出力を合わせた“システム出力”は364PSとなっており、エコとハイパワーを両立しているからです。

 フロントグリルには日産の海外ブランドである「インフィニティ」のマークが装着され、エクステリアに派手さはありませんが、ハイパワーなエンジンを内に秘め、かつての「スカイライン」の代名詞だった「羊の皮をかぶった狼」が蘇ります。

やはりカッコイイ国産セダン5車種のちょいワルポイントを画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事