三菱新型「トライトン/L200」をタイで公開予定 日本への導入は!?

三菱は2018年に生誕40周年を迎えたピックアップトラック「トライトン/L200」の新型車を発表。11月9日にタイで初公開します。

40年の歴史を誇る三菱製1トン・ピックアップトラック

 三菱は2018年11月9日にピックアップトラック「トライトン/L200」の新型車をタイで初公開します。

2014年より販売されている5世代目の「トライトン」

 三菱の広報によると、現状では日本への導入が見送られている「トライトン」は、1978年に発売した「L200」(日本名は「フォルテ」)を起源とする1トン・ピックアップトラックで、1986年登場の「ストラーダ」を経て2005年より継続して販売されています。

 歴代モデルからの膨大なフィードバック、ピックアップトラックの用途を考慮した耐久試験、そして同社の誇る本格SUV「パジェロ」で培ってきたノウハウを取り入れた「トライトン」は、ユーザーの要望に応えながら評価され続けてきた、真のタフさを持つモデルです。

 2014年11月に登場した現行車は日本で販売されていませんが、このモデルでは従来の走行性はそのままに、乗用車並みの快適性も追求。エンジンは高い信頼性を誇る2.5Lディーゼルターボエンジンと2.4Lガソリンエンジンの他、2.4Lのクリーンディーゼルも追加されました。

 現状、日本への導入が無いため詳細は明かされていませんが、トヨタが2017年にピックアップラック「ハイラックス」を国内に復活させた事例もあるだけに、今後の三菱の動向に期待したいところです。

【了】

三菱新型「トライトン」の詳細を画像で見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事