三菱のSUV「パジェロ」が一部改良され発売 人気のメーカーオプションが標準装備になる

三菱はオールラウンドSUV「パジェロ」に人気のオプションを標準装備するなど一部改良を施し、10月11日から販売を開始すると発表しました。

ベーシックグレードの装備が充実

 三菱は、オールラウンドSUV「パジェロ」に人気のオプションを標準装備するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて10月11日から販売を開始すると発表しました。

「パジェロ」は1982年の発売以来、本格的なクロスカントリー4WDとして長い歴史を刻んできました。かつては「四駆ブーム」を牽引し、「パリ・ダカールラリー」などのモータースポーツに参戦して数々の栄光を掴み、三菱を代表するSUVとして現在に至ります。

三菱「パジェロ」の装備が大幅に充実

 今回の改良では、ベーシックグレードの『GR』に人気のあるメーカーオプションを標準装備されました。具体的には「プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付)」「ヘッドライトウォッシャー」「オートライトコントロール」「電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付)」「LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)」となっています。

PRオールラウンドSUV!三菱 パジェロの中古車はコチラ

 また、同じく『GR』に「本革巻ステアリングホイール」「本革巻A/Tセレクトレバー」「本革巻トランスファーレバー&パーキングブレーキレバー」を標準装備し、質感を向上しています。

『SUPER EXCEED』と『EXCEED』グレードについては、これまで要望の多かった「ルーフレール」と「電動ロングサンルーフ」を、パッケージメーカーオプションとして設定されました。

「パジェロ」の価格(消費税込)は、339万1200円から495万18000円となっています。

【了】

この記事の画像を見る(1枚)

画像ギャラリー

最新記事