新型電動スクーター「REET(リート)」登場 低価格ながらバックギアも採用

MSソリューションズは、2018年10月11日に同社の扱う電動バイクブランド「XEAM(ジーム)」製の新型電動スクーター「REET(リート)/REET S(リートエス)」の予約を開始しました。

原付2種(125ccクラス)も用意された新型電動スクーター「REET(リート)」

 中国生産の電動スクーター「REET(リート)」は、都会的でスタイリッシュなデザインを目指したモデルで、パワートレインとなるモーターには信頼性に定評のあるドイツ「BOSCH(ボッシュ)」社の製品を採用しています。

バックギアも備えた電動スクーター「REET(リート)」

 このモデルでは、原付1種モデルの「REET(リート)」のほか、2人乗りが可能な原付2種(125ccクラス)の「REET S(リートエス)」も同時発売予定で、ネットでの販売他、全国の200店舗の取扱店で購入可能。お住まいの地域の最寄りの店舗でメンテナンスを受けることも出来ます。

 AC100Vを用いた場合に8時間で満充電となるリチウムイオン・バッテリーを搭載することで、両モデル共に約60kmの航続距離を実現しています。

 また、インナーレッグ部左側には500mlのペットボトルが収納可能なポケットを配置しており、その上部にUSBポートを搭載することでスマートフォンなどのモバイル機器を充電することも可能です。

 さらに、誤発進を防止する「パーキングシステム」も搭載し、車庫入れなどに便利なバックギアも備えた新型「REET(リート)/REET S(リートエス)」は、価格(消費税込)19万8000円から23万8000円となっています。

【了】

新型「REET(リート)」の詳細を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事