ドゥカティ スクランブラー・ファミリーに追加される3つのニューバージョンを公開

ドゥカティは、スクランブラー・ファミリーに3つの個性的モデルを追加し、インターモト2018で公開しました。

発売から4年で、5万5,000台以上販売したスクランブラーに新しいモデル追加

 ドゥカティは、ドイツ・ケルンで現在開催中のインターモト2018(国際モーターサイクル、スクーター、電動バイク見本市)に、スクランブラー・ファミリーに「フル・スロットル」「カフェ・レーサー」「デザート・スレッド」の新たな3バージョンを公開しました。

ドゥカティ スクランブラー「カフェ・レーサー」

「カフェ・レーサー」は、伝説的なドゥカティ「125 GP Desmo」からヒントを得た新しいカラー、シルバーアイスマットのグラフィックとブルーのフレームを特徴としています。

 新たに採用された17インチスポークホイールとハンドルバーエンドに装着されたリアビューミラーが、60年代のクールなスタイルを演出する一方、現代的なラジアルフロントブレーキマスターシリンダーはスポーツバイクと同等の制動パフォーマンスを発揮します。

 さらに、デュアルサイレンサー、ノーズフェアリング、サイドゼッケンプレート(54という番号は、往年の名レーサー、ブルーノ・スパッジアーリに敬意を表しています)、ショートタイプのフロントフェンダーなどはいずれも、60年代にイギリスのストリートを轟音とともに駆け抜けていったバイクを想起させるものです。

ドゥカティ スクランブラー「フル・スロットル」

「フル・スロットル」は、短いオーバルコースで争う2018アメリカンスーパーフーリガン選手権に参戦しているカリフォルニア出身のレーサー、フランキー・ガルシアが駆るフラットトラックスクランブラーから刺激を得ています。

 ブラック&イエローのツートーンカラーにホワイトのストライプが入った燃料タンクに、新しくなったリアエンド、専用のシート、そしてホワイトのトリムラインが入ったイエローのサイドゼッケンプレートを装備。このモーターサイクルは、ダートトラックレースに参戦するマシンの雰囲気をそのまま再現しています。

ドゥカティ スクランブラー「デザート・スレッド」

「デザート・スレッド」は、ドゥカティ スクランブラーのライフスタイルバリューを一切犠牲にすることなく、伝統的なアメリカンオフロードバイクの世界を再現しています。

 レッドフレーム、カラーコーディネートされたステッチ付きの新しいシート、ブラックリムを備えたスポークホイール、型式認証を受けたヘッドライトメッシュガードなどにより、このモデルは新鮮な輝きを放っています。

「デザート・スレッド」には、オフロードライディングモードが設定され、このモードを選択することにより、ダート走行を楽しむ際にABSの作動を無効にすることが可能です。

 なお、日本への導入時期、価格、仕様については未定です。

【了】

ドゥカティ スクランブラー・ファミリーの画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事