• くるまのニュース
  • ニュース
  • アウディ新型EV「e-tron」にAmazon「アレクサ」搭載 日産連合×googleに続きクルマの「つながる化」が加速か

アウディ新型EV「e-tron」にAmazon「アレクサ」搭載 日産連合×googleに続きクルマの「つながる化」が加速か

アウディは2018年9月18日に発表した同社初の電気自動車SUV「e-tron」に、Amazonの音声サービス「Alexa」を搭載することを公表しました。

クルマとデジタル世界を繋ぐ音声サービス機能をアウディ「e-tron」に搭載

 2018年9月19日(日本時間)、アウディは初の電気自動車SUV「e-tron」(イートロン)にAmazon(アマゾン)の音声サービス「Alexa」(アレクサ)を搭載すると発表しました。

 アマゾンが提供する「アレクサ」は話しかけるだけで「オーディブル」や「アマゾンミュージック」、「チューンイン」などを経由してニュース、天気、スポーツの結果、食料品注文、予定リストへのスケジュール追加、音楽やオーディオブックのストリーミング再生などができるサービスです。

2018年9月18日に発表されたアウディ初の電気自動車SUV「e-tron」

 アウディはこの「アレクサ」の機能を「e-tron」に搭載することでクルマとデジタル世界の統合を推進するとしていますが、実際の使用時にはクルマとアマゾンのアカウントをリンクさせるのみで、音声サービスを起動することが可能となっています。ドライバーはスマートフォンのアプリを使用する必要もなく、携帯電話とクルマをペアリングする必要もありません。

 また、アレクサの機能「スキル」のひとつである「スマートホームコントロール」を使用すれば、自宅のドアのロックやライトの消灯、ガレージのドアの開閉をクルマに話しかけるだけで行なうこともできます。

 Alexa Auto(アレクサオート)副社長のネッド・クーリックは「アレクサをクルマに直接組み込むことによって、オーナーはアレクサに話しかけて音楽を再生したり、電話をかけたり、膨大な数のスキルにアクセスしたりすることができます。プレミアムブランドのアウディと協力し、『e-tron』や他のモデルにおいて、アレクサの素晴らしい体験をお届けできることを大変嬉しく思っています」とコメントしました。

アウディ「e-tron」に搭載された「アレクサ」のイメージ

 アウディは「e-tron」の発売に続き、北米およびほとんどのヨーロッパ諸国において、追加のモデルに「アレクサ」を搭載することで、クルマとデジタル世界の新たな扉を開くとアナウンスしています。

 9月18日にはルノー・日産・三菱が、「Android」のオペレーティングシステムを搭載し、高度な情報の提供やドライバー向けアプリケーションを、複数のブランドと車種で展開すると発表しています。

 また、すでにトヨタも、新型クラウンとカローラスポーツで車載通信機を搭載した「コネクテッドカー」の販売を開始しています。

 今回のアウディの発表から、他メーカーも追従し、クルマと通信ネットワークの融合は大きく加速すると予想できます。

【了】

アウディ「e-tron」にアマゾン・アレクサを搭載の画像で見る(5枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事