アウディ初の電気自動車SUV 新型「e-tron」を発表 今後12車種の電気自動車も発売予定

アウディは最大150kWの急速充電と長距離ドライブに対応した電動「quattro」4輪駆動システム搭載の『e-tron』を発表。次世代電気自動車のベンチマークとなる存在を目指したとしています。

2025年までに12の電気自動車の発売を目指す

 アウディは日本時間9月18日(火)12:30より、サンフランシスコにてアウディブランド初となるSUVタイプ電気自動車を発表しました。

アウディブランド初となる電気自動車SUV「e-tron」

 電動化ラインナップにおけるSUVには、今回発表された「Audi e-tron」とは別に2019年にデビューする「Audi e-tron Sportback」も用意されています。

 今回の発表に際し、アウディAG技術開発担当取締役のペーター・メルテンスは、「Audi e-tronは、私たちの電動化戦略の出発点として、間違いなくアウディ史におけるハイライトとなるクルマです」と語っています。

 また、2018年末には別のeプラットフォームを採用したコンセプトモデル「Audi e-tron GT concept」も発表予定とのことです。

 同時に、2025年までに12車種の電気自動車の発売を予定していると発表したアウディは、電動化モデルの販売台数を全体の約1/3にすることを目指すとしています。

 今後はAvantやSportbackといった、従来のボディレイアウトを持つ一連のモデルも用意するとともに、プラグインハイブリッド車のラインナップも大幅に拡大する予定とのことです。

【了】

アウディ「e-tron」の詳細を画像で見る(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー