• くるまのニュース
  • バイク
  • 「これでいいのだ!!」とうなずいてしまう総合力の高さ だから長生きスズキ『アドレス125』

「これでいいのだ!!」とうなずいてしまう総合力の高さ だから長生きスズキ『アドレス125』

奇をてらわず街に溶け込むアドレス125

 いずれにせよ見た目は平凡で、奇をてらったところはなく街にすぐ溶け込みます。灯火類はLEDではなくコストを抑えていることがわかりますが、機能的にはまったく問題ないので見栄を張らないのなら納得できるはず。

灯火類もLEDではなくとも機能的には全く問題はない

 大柄な車体はシートの座面も大きいですし、足元のスペースも広々としていて快適。ゆったりとした気分で街乗りができるでしょう。

 昔からアドレスが好きだった人は、車体が大きくなったから加速が鈍くなってしまったと考える人がいるそうですが、それは誤解だとスズキの開発陣は言っています。テストするとゼロ発進からの加速性能では新型が勝り、たとえば信号が青になって競争すれば現行モデルに軍配が上がるとのこと。実際、スロットルレスポンスは鋭く、元気のいいスタートダッシュが味わえました。ノンビリ走るのもいいですし、“通勤快速”といわんばかりにキビキビ走らせることもできるのです。

 新開発のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンは、豊かな低速トルクを発揮するだけでなく、燃費性能にも優れているのも長所です。ピストンの軽量化やローラーロッカーアームの採用などでエンジン内の抵抗を減らしたことで実現しているそうですが、買ってからも経済的なら嬉しいかぎりです。

 フロントの左右インナーラックは600mlのペットボトルが1本ずつ入る大きさですし、シート下トランクもヘルメット等の収納ができます。もっと収納力のある原2スクーターもありますが、そこはもう『アドレス125/フラットシート仕様』では割り切っている印象で、大きな荷物を運びたいのなら標準装備のリアキャリアにトップケースを付けましょうといった感じです。実用性重視のキャリアが最初から付いているのは、ありがたいと思います。

アドレス125/フラットシート仕様

 性能や価格面などから総合的に考えると、「これでいいのだ!!」とバカボンのパパみたいなセリフが最終的に出てくるのが『アドレス125 /フラットシート仕様』なのです。

 原2ライフはいったいどんなものか……!? 気になっていて、まだ体験したことがないのなら、まずはリーズナブルなアドレスからスタートしてみるのも手かもしれません。

【了】

スズキ『アドレス125/フラットシート仕様』の画像をチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事