VW新型「ティグアン TDI 4MOTION」登場 4WD&クリーンディーゼルで安定の走りと低燃費を実現

フォルクスワーゲンはコンパクトSUV「Tiguan」(ティグアン)のラインナップにクリーンディーゼルエンジン「TDI」を搭載した「Tiguan TDI 4MOTION」を加えました。

先進テクノロジーを注ぎ込んだ、都会派SUV「Tiguan」に「TDI 4MOTION」仕様が追加

 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は、コンパクトSUV「ティグアン」にクリーンディーゼルエンジン「TDI」を搭載した「Tiguan TDI 4MOTION」の販売を8月29日より開始しました。

 2018年8月22日(水)に一部仕様変更した同モデルですが、今回のグレードでは最高出力150psの2リッターターボディーゼルエンジンと同社の4WDシステム「4MOTION」、「4MOTIONアクティブコントロール」を組み合わせることでより安定した走行性が実現されています。

2リッターターボディーゼルエンジンに「4MOTION」を組み合わせた「Tiguan TDI 4MOTION」

 ラインナップは「Comfort line」「High line」「R-Line」の他に最上級グレードの「R-Line」をベースに、エクステリアのクロームパーツやホイールなどをブラックアウトした「Tiguan TDI 4MOTION R-Line Black Style」も450台限定で用意されています。
 
 また、フォルクスワーゲンは7人乗りのコンパクトミニバン「Golf Touran」(ゴルフトゥーラン)にTDIエンジンを搭載した「Golf Touran TDI」の発売も予定しています。
 
 クリーンディーゼル車としてエコカー減税対象となる「Tiguan TDI 4MOTION」の価格(消費税込)は、408万6000円から554万0000円です。

【了】

「Tiguan TDI 4MOTION」の詳細を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事