安全性が向上したVWティグアン 先進装備を装備して価格は363万円6000円から

フォルクスワーゲンは、コンパクトSUV「ティグアン」を一部仕様変更しました。ハイライングレード以上に先進装備を標準装備し、快適装備と安全性を強化しています。

快適装備と安全性を強化したティグアン

 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は、2018年8月22日(水)にコンパクトSUV「ティグアン」を一部仕様変更したと発表しました。

一部仕様変更されたティグアン

 新型ティグアンは、2017年1月に国内導入し、先進安全装備・先進技術を惜しみなく搭載したモデルです。今回の変更では、エントリーグレード「コンフォートライン」の人気オプション『アップグレードパッケージ』にパワーテールゲート(挟み込み防止機能)を設定。『セーフティパッケージ』にはハイビームアシストを追加しています。

PRティグアンの中古車一覧はコチラ!

 ミドルグレード「ハイライン」 以上には、これまでオプション装備だったヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能)を標準装備。さらなる安全性や快適性の強化を図っています。

 ティグアンの価格(消費税込み)は、363万6000円から479万0000円です。

【了】

フォルクスワーゲン「ティグアン」を画像で見る(2枚)

画像ギャラリー

最新記事