ホンダ「Nバン」異例の大ヒット! 商用バンが発売1か月で1万4000台超 2強ライバル大きく離す

商用からホビー用まで、幅広い用途に対応する「N-VAN(エヌバン)」が、発売から1ヵ月ほどで累計受注台数1万4000台オーバーと好調な立ち上がりを見せています。

販売計画の4倍強! 1万4000台以上を受注

 ホンダは、2018年7月13日に発売された新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の累計受注台数が、8月20日現在で1万4000台オーバーを達成したと発表しました。なお、月間販売計画は3000台なので、発売1か月で計画の4倍以上の台数を受注したことになります。

助手席側センターピラーレスとテールゲートのダブルビッグ大開口などで使い勝手の良さと大空間の荷室を実現。

 これまで2強とされてきたスズキ「エブリイ」とダイハツ「ハイゼットカーゴ」の7月の台数を合わせても10,722台ですから、Nバンの人気ぶりがうかがえます。

ホンダ N-VANの詳細を見る

 発売直後から大きな話題となっているN-VANですが、今回、受注台数のほかに、グレードやタイプ別の受注構成比も併せて発表されました。

 商用からホビー用途のクルマとしてさまざまなニーズに対応するため、装備によって大きく3つのグレードが用意されています。グレード別構成比では「+STYLE FUN」が44%、「G/L」が41%、「+STYLE COOL」が15%となります。

 タイプ別構成比では「L・Honda SENSING」「+STYLE FUN・Honda SENSING」「+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING」が共に22%、「G・Honda SENSING』が19%、「+STYLE COOL・Honda SENSING」が9%、「+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING」が6%という結果になっています。

 また、カラーリングの構成比は「G/L」クラスではタフタホワイトIIとルナシルバー・メタリックが50%ずつ、「+STYLE」では「プレミアムホワイト・パールII」が22%、「ガーデングリーン・メタリック」「シャイニンググレー・メタリック」が20%の比率となっています。

<車両価格(消費税込み)>

N-VAN:126万7920円から145万440円

N-VAN+STYLE:156万600円から179万9280円

【了】

ホンダ「N-VAN」の詳細を画像で見る(13枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー