「EVシフト」はなぜエコに繋がる? 電動化加速の背景にある様々な事情とは

2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
2021年中頃に登場するといわれている日産の電気自動車第二弾となる「アリア」
航続距離や充電時間、インフラなど課題は多いが着々と向上している
加速する電動化、その先にあるのはどのような世界なのか

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 世界的にはハイブリッド車はコスト高で受け入れられず、もはや日本は電気自動車部門では中国などに立ち遅れている感が否めないのだが・・携帯と同じでガラパゴス化しているのではないかと懸念する。物造り精神はすばらしいと思うのだが、世界の多くは低価格争いでそこまで高品質を必要としていないのが残念だ。

  2. 電動化推進のプロパガンダの裏にある目算

    脱炭素エネルギー依存を進めていく中で、
    なぜ、電動化が叫ばれるのかと言えば、
    どんなエネルギーからでも発電供給出来れば利用可能な技術だという事に尽きると言えるかと、

    ガソリンやディーゼルの内燃機関はそれぞれの指定燃料で無いと使えないので、
    何れ供給が絶たれれば陳腐化するので技術改良に投資するには見通しが暗い
    燃料電池は水素供給からでないと動かないので、
    水素インフラがエネルギー供給の主流になり得えない事になれば先行きが厳しくなるリスクがあるけど、
    バッテリー製造における問題は色々あるけれどそれは別として、
    電動化技術自体はどのようなエネルギーが主体であっても電気変換さえ出来れば持続可能な技術なので、
    今後どのようなエネルギーが主流になり得るかの見通しも立たないこの環境エネルギー問題において、
    開発投資におけるリスクが低い、
    いわゆるハズレの無いとみられるのが電動化技術への投資だから…
    というのは考えすぎだろうか?