日産、今秋に軽EVを発表!? 「アリア」に続き「ルークス」サイズでEVモデル拡充か

日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産は2021年夏頃に軽EVを発売!? かつて公開された「ニッサン IMk」に近しいモデルとなるのか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産が「東京モーターショー2019」でお披露目した「ニッサン IMk」。これが近い将来に登場するのでしょうか。
日産の販売店では、ほとんどの店舗で24時間の充電が可能だという。

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 高すぎて売れない。たち

  2. 軽に果たしてハイブリッドや電気がいるのか…って話し。そうじゃなくても燃費が良いのに。

    • 燃費がいい?

  3. デイズのEVバージョンかな!?高いだろうなぁ〜

  4. 最低リッター25km以上もしくは航続距離700km以上走れるクルマが乗り出し価格200万円以下で販売されたら買い換えるつもり。今乗ってる2015年モデルのスティングレーの改造車が当たり前のようにそれだけ走れるので。

  5. 軽自動車のEVは走行距100km100万円台、200km200万円台でないと売れないでしょう。

  6. 軽自動車クラスのEVを買うことができる顧客は?  
    ・小さな車が良い。
    ・近所でしか使わない。
    ・小金持ち
    ただ、こうした顧客には、純ガソリン軽自動車ではなく軽自動車EVを買う必要性は無い。

    一方、EVを買わざるを得ない以下のような顧客も存在する
    ・小型EVなら運転をやめなくてもよい老人(別規格の小型EVにする必要がある)★
    ・ガソリンスタンドが近くにない田舎の顧客★

    やはり、現行の軽自動車のEV化では販売は見込めず、トヨタ「C+pod」の方向性が正しい。