3年後に損をしない輸入SUVとは? Jeepが日本で売れている理由が判明

Jeepのエントリーモデル「レネゲード」
チェロキー顔になってさらに精悍になった「コンパス」
Jeepの永遠の定番ともいえる「チェロキー」
Jeepの歴史を現代に受け継ぐ「ラングラー」
限定車「ラングラー・ルビコン」の2ドアモデル
欧州ライバルSUVに引けを取らない「グランドチェロキー」
ラングラー・アンリミテッド・サハラ 2.0L・スカイワンタッチパワートップ
ラングラー・アンリミテッド・サハラ 2.0L・スカイワンタッチパワートップ
ラングラー・アンリミテッド・サハラ 2.0L・スカイワンタッチパワートップ
現行JL型ラングラー初採用となるボディカラー、サージグリーン
「ラングラー・アンリミテッド・ブラック&タン」
「ラングラー・ブラック&タン」
ラングラー・ブラック&タンは、現行JL型ラングラーでは初のソフトトップ車
ラングラー・ブラック&タンは、現行JL型ラングラーでは初のソフトトップ車
マニュアルで切り替える伝統的なパートタイム4×4に加え、自動的に前後輪に駆動力を分配するフルタイム4×4システムを初採用
世界一過酷と呼ばれるトレイルで実施される独自の性能試験をパスした証である「トレイルレイテッド」のバッジ
いま、輸入SUVのなかで、もっともお買い得で賢い選択といえるのが、ラングラーだ
Jeepは、欧州ライバルSUVと比べて各モデルとも登録3年後の残価率がよいのが特徴だ

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

×