BMWのロゴはプロペラじゃない! 走りにこだわる独プレミアムブランドの歴史とは?

BMWロゴの変遷。左上から1917年、1933年、1954年、左下が1974年、1979年、2007年。2020年に新しいブランドデザインが導入された
2020年3月4日に公開された、新しいBMWコミュニケーションロゴ
1929年のBMWポスター。こういったところからも「BMWロゴ=プロペラ」が都市伝説のように長い間ささやかれてきた
1933年に製造された航空機用「132A」星型10気筒エンジン
1918年に製造された航空機用エンジン「BMW IIIa」。500台目を記念した写真
1930年、BMWエンジンを搭載した「ユンカースJu52」
1959年の株主総会で発言する株主
1928年、BMWは自動車の生産を開始した
1936年製BMW「328」
1955年に発売された「イセッタ」。イタリアの「イソ・イセッタ」のBMWライセンス版
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年に登場したBMW「1500」。これがヒットし、BMWは倒産の危機を免れた。ノイエ・クラッセ(新しいクラス)という社内での呼称がそのままこのモデルの愛称になった
1961年のフランクフルトモーターショーで世界初公開されたBMW「1500」
BMW「1500」のインテリア
1978年に登場したスーパーカー、BMW「M1」
1978年に登場したスーパーカー、BMW「M1」
1988年に登場したE30型「M3」
2000年に登場したBMW初のSUV(BMWではSAVと呼ぶ)「X5」
BMW本社
BMWディンゴルフィン工場

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント